おかえりモネ、永瀬亮演じるりょーちんの“耳掛け”にファン悶絶「あかん」「聞いてない」「国宝」

三生(前田航基)にバリカンを入れる悠人(高田彪我)と、それを見守る亮(永瀬廉)たち (C)NHK
三生(前田航基)にバリカンを入れる悠人(高田彪我)と、それを見守る亮(永瀬廉)たち (C)NHK

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」の第93話が放送された22日、ツイッターで、King & Prince永瀬廉演じる及川亮の“耳掛けヘアー“が話題になり、同日、亮の愛称「りょーちん」がトレンドに入った。永瀬が髪を耳掛けにするのは珍しく、放送では短い描写だったが、この日も“りょーちんファン”の観察力は健在。新鮮な永瀬の姿に「カッコよかった」「ヤバイでしょ」「しんどい…」などのコメントがSNSに相次いだ。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育った主人公の永浦百音(清原果耶)が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」。ドラマは第19週「島へ」が放送されており、この日は、百音や亮の幼なじみ、後藤三生(前田航基)が実家の寺を継いで僧侶になることを宣言。その決意表明として、剃髪式に臨むシーンが描かれた。そのトップバッターを亮が務めた。百音の父、耕治(内野聖陽)からバリカンを手渡され、「いい?」と確認する亮。三生が自身の顔の前で両手を合わせ、「ああ」と答えると、亮は三生のすそにバリカンを入れた。

この日の亮の出で立ちは、赤い半袖Tシャツに迷彩柄の長ズボン。剃髪式の前までは頭に赤いタオルを巻いていたが、その下の髪は黒くやや長め。そして、その両耳が出されたことで、顔周りはさらにスッキリし、爽やかさと男前度が一層増していた。

その姿に多くのファンが反応。「りょーちん耳掛けの破壊力!」「ほんと、かっこよかったね。耳掛けとかヤバいでしょ」「タオル巻きの後は…耳掛け…しんどい」「りょーちん耳掛けはあかん」「りょーちんなんかイメージ違うと思ったら髪を耳掛けしてるのね」「赤いタオルのけたら耳掛けしてるだなんて聞いてない… かっこいい」「耳掛け亮は国宝」「りょーちんが耳掛けしてるだと…?帰ったらすぐ見なきゃ…」などの書き込みがズラリ。珍しいヘアスタイルに「りょーちんの耳掛けかっこよかったな。本業で耳掛けあまりお見かけしないんですよ。大好きな耳掛けが朝ドラで見れて嬉しい」「朝ドラで耳掛けの永瀬廉が見れるなんて1ミリも思ってなかった。ごちそうさまです」と喜ぶファンもいた。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム