生島ヒロシ、アナウンサー生活46年目で初の大相撲実況にチャレンジ

サンスポ
生島ヒロシ(左)が古希で大相撲の実況デビュー。秀ノ山親方(右)を相手にしゃべりまくった
生島ヒロシ(左)が古希で大相撲の実況デビュー。秀ノ山親方(右)を相手にしゃべりまくった

フリーアナウンサー、生島ヒロシ(70)が21日、アナウンサー生活46年目にして初の大相撲実況にチャレンジした。

この日は九月場所10日目。ABEMA中継「大相撲LIVE」に登場し、古希デビューとなった。

生島は1976年4月、アナウンサーとしてTBSに入社。主にエンタメ、情報畑を歩み、89年にフリーとなった後も古巣TBSで「スーパーサッカー」のMCは務めたものの、スポーツ実況自体、初体験だ。

この日、元大関、琴奨菊の秀ノ山親方(37)を相手に、しゃべりで押しまくった生島。随所に知人のサッカー解説者、松木安太郎さん(63)を意識してか、「GOOD JOB!」「エラい!」「いい勝負をありがとう!」を連発。結びの一番、横綱照ノ富士対宇良の熱闘には「大したもんだ!」と絶叫し2人をたたえた。

初体験を終え、「アッという間の2時間でした。どれもいい勝負で、興奮しながらしゃべっていたら、久しぶりに声が枯れた。もともと相撲は大好きなので、なんとか完走できましたが…」とホッとしつつ、疲労困ぱいの様子だった。24日にも出演する。


  1. 23日スタート「ちむどんどん」第7週あらすじ 房子は暢子に因縁? 良子は金吾から執ような求婚を受け続け…

  2. ロシア軍に内部混乱か 「終末の日の飛行機」観閲中止の背景 「戦争宣言」踏みとどまるプーチン氏 「空軍内部の反発やボイコットの可能性も」世良氏

  3. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  4. NYでジャパン・パレード 日米友好盛り上げる

  5. 露軍、渡河失敗で打撃 英国防省が分析