亜大の松本が好投、駒大に先勝/東都

サンスポ
亜大・松本健吾投手は駒大1回戦に先発し、6回1失点(撮影・赤堀宏幸)
亜大・松本健吾投手は駒大1回戦に先発し、6回1失点(撮影・赤堀宏幸)

東都大学野球秋季リーグ戦第2週第1日(21日、亜大5-1駒大、1回戦、亜大1勝、神宮)2連勝同士の対戦で、亜大が1死三塁からのヒットエンドラン、1死一塁で犠打、ギリギリのコースにはカットでファウルにして待球するなど、変幻自在な攻撃で、タフな駒大の右腕・福山優希投手(3年)から五回までに4点を奪い、試合を決めた。今季3試合連続先発した亜大の右腕・松本健吾投手(4年)が6回を1失点に抑え、今季初勝利を挙げた。亜大は3連勝。

既にプロ志望届を出している松本健は、「前回(青学大戦)情けない投球だったので、必死になってやった。変化球が使えて、真っすぐが生きた。ドラフトは意識しても仕方がないし、とにかくチームが勝てるようにがんばっていきたい」と初勝利にも淡々だった。

生田勉監督は、「松本健は、エースと選手全員がいっているので、先発でがんばってもらいたい。打てないので、昭和の野球をやらせてくれと選手にいってきた。三塁に走者が出てからスクイズかエンドランかは、その選手がいい方にしている」と、多彩な攻撃策を説明した。

  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  3. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終