プーチン政権与党「統一ロシア」は324議席 ロシア下院選

産経ニュース
ビデオ会議システムでロシア中央選管委員長と話すプーチン大統領=20日(AP)
ビデオ会議システムでロシア中央選管委員長と話すプーチン大統領=20日(AP)

ロシア政府系テレビ、第1チャンネルは20日夜のニュース番組で、17~19日に投票されたロシア下院選の開票結果に基づき、プーチン政権与党の「統一ロシア」が最終的に定数450の3分の2を超す324議席を獲得する見通しになったと報じた。

ロシア中央選管は20日、統一ロシアが3分の2以上の議席を獲得したとみられると発表していたが、具体的な議席数は不明だった。

統一ロシアは5年前の前回下院選では定数の4分の3を超す343議席を得ていた。前回より19議席減らすものの、与党が議会運営を単独で支配できる3分の2に当たる300議席を大きく上回ることになる。

2位の共産党は57議席で、前回の42議席から15議席伸ばす。左派系「公正ロシア・正義のために」は前回の23議席に4議席上積みし27議席の見込み。極右の自由民主党は5年前の39議席から18議席減らし21議席にとどまる見通しだ。(共同)