阿川佐和子、ふかわりょうと文化放送で10月から初コンビ

サンスポ
文化放送社長会見のゲストで登場した、左から阿川佐和子、ふかわりょう
文化放送社長会見のゲストで登場した、左から阿川佐和子、ふかわりょう

作家でタレント、阿川佐和子(67)とタレント、ふかわりょう(47)が、10月3日スタートの文化放送2時間生ワイド新番組「阿川佐和子&ふかわりょう 日曜のほとり」(日曜前10・0)で初コンビを組み、パーソナリティーを務めることが決定。21日、東京・浜松町の同局からオンラインで会見した。

出会いは今年2月、阿川が担当する週刊文春の対談。ふかわのエッセーを読んで感銘を受けた阿川が実際に会ったところ、「品があるけど変。いっぺんに好きになりました」と振り返った。その際、「ラジオ番組を一緒にやりたいと、私がプロポーズしました」と阿川。ふかわも「喜んで」と即オーケーし、同局との間で話が進み決まったという。

番組はリスナーからの便りや2人ならではのユーモアをまじえたトークに加え、さまざまな音楽で日曜朝の時間をゆったりと彩る内容になりそう。阿川はリスナーに対し「ためになるとか、情報収集とか、そういうことを求めないでくださいね」とおねだりしつつ、「『あぁ』と鼻で笑ってもらえる心地よいものにしたい」と抱負を語った。

ふかわも「縁側でご近所同士が会話を楽しむような内容にしたい」と早くも息はピッタリ。くしくも、阿川は慶大文学部卒、ふかわは慶大経済学部卒と同じ慶大出身とあって、報道陣から共通項を聞かれると、ふかわが「お互い、言葉を大切にしてるところ」とまじめに返答。阿川は「ギョッ」とおどけて笑った。

なお、タレント、柴田阿弥(28)がパーソナリティーを務め現在、同時間帯で放送中の「Society5.0 香格里拉(シャングリラ)」は、10月3日から同じく毎週日曜の午後2時からの枠に移動。現在の3時間から、タイトルを「シャングリラ」と変更し午後4時までの2時間生番組となる。

  1. 「鎌倉殿の13人」5月22日OA第20話あらすじ 奥州へ逃れた義経を討つよう、頼朝から命じられた義時は…

  2. 「ちむどんどん」房子「まさかやー…」の意味、賢三との関係は?「恋人?」「東京の叔母さん?」

  3. 「ちむどんどん」次週予告に和彦の姿なし…落胆するファン続出?「どこ行った宮沢氷魚」

  4. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」