「医療提供体制の逼迫弱まっている」 田村厚労相

産経ニュース
田村憲久厚労相(春名中撮影)
田村憲久厚労相(春名中撮影)

田村憲久厚生労働相は21日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染状況について「重症者数や死亡者数は一時より減少傾向にある。医療提供体制の逼迫(ひっぱく)度合いが先週と比べ若干弱まってきているのは確かだ」と語った。

一方で、行楽シーズンの到来で人出が増え、感染リスクが高まる可能性があるとして、引き続き国民に注意喚起していく考えを示した。

30日に期限を迎える緊急事態宣言の解除については「専門家に状況をしっかり評価していただき、最終的には政府で判断したい」と明言を避けた。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  5. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」