長友佑都、愛するチームを常勝軍団に FC東京11年ぶり復帰の誓い

サンスポ
オンラインでインタビューに応じる長友(提供:FC東京)
オンラインでインタビューに応じる長友(提供:FC東京)

J1・FC東京に11年ぶりに復帰した日本代表DF長友佑都(35)がこのほど、オンラインでスポーツ紙合同インタビューに応じた。クラブの悲願である初のリーグ制覇に向けて、12日に復帰が発表されたベテランは8位に沈む現状を「正直、ぬるい」と厳しく指摘。今季は3位までに与えられるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権の獲得を目標に掲げ、いまのクラブに必要だと感じる情熱を植え付ける。(取材構成・山下幸志朗)

愛するチームを常勝軍団に変える。日本代表DF長友は古巣に復帰した理由を言い切った。

「(変えられると)思っているから、ここにいるんですよ、僕は。思ってなかったら選んでないです」

2010年7月にFC東京から欧州へ移籍。イタリア1部インテル・ミラノなどで11年に渡ってプレーしてきた。海外で成長したのは「メンタル」。チームや自身の成績が振るわないと痛烈な批判も浴びた。

「試合に負けた翌日は外に出られないし、身の危険を感じたこともある」

昨季プレーしたフランス1部マルセイユではチームの成績不振にいらだったサポーターがクラブハウスに押しかけ、警察が出動したこともあった。負ければ命の危険すら感じる環境に身を置いてきたからこそ「覚悟や信念は自分は違うレベルにある」と自負する。

復帰が発表された12日には、柏戦(●0-1)を観戦。「正直、ぬるいなと感じました」。15日から全体練習に合流すると絶え間なく声をかけ続けた。「自分が一番やりたいのは熱量、情熱を伝えること」。初出場した18日の横浜FC戦(〇4-0)でも、消極的なプレーは容赦なく叱咤(しった)し、好プレーには手をたたいて褒める。その後押しを受け、イレブンは強気に前へ出る。短期間でも、チームは変化の兆しを見せた。

首都クラブが変わることは、Jリーグの発展にもつながると信じている。「もっとファンを増やしたい。メディアでもJリーグがスポーツの中で取り上げられるような発信をしていかないと」。常に大きく報じられ、注目を浴びる環境で自分を磨いてきた。だからこそ、サポーターを増やし、Jリーグの価値を上げることは、日本サッカーのレベルアップの一助になると考える。

「意識も、サッカーに対する情熱も、『このままじゃ駄目なんだ』と感じてもらいたい。そのためには自分が一番熱量を持ってないと駄目。『長友さん熱いな、やべぇな』と思われるくらいの熱量を持ってないといけない」

11年ぶりに青赤のユニホームを着た35歳に触発されたチームが、東京を、Jリーグを熱狂させる。

長友 佑都(ながとも・ゆうと)

 1986(昭和61)年9月12日生まれ、35歳。愛媛県出身。東福岡高を経て明大在学中の2008年にJ1FC東京でデビュー。10年にイタリア1部のチェゼーナ、11年に同1部インテル・ミラノに加入。18年にトルコ1部のガラタサライ、20年にフランス1部のマルセイユに移籍。9月にFC東京に復帰した。日本代表では2010年南アフリカ大会、14年ブラジル大会、18年ロシア大会と3度のW杯出場。妻は女優の平愛梨。代表通算127試合4得点。J1通算73試合5得点。170センチ、68キロ。

  1. 「ちむどんどん」“金の亡者”房子=賢三の叔母で確定? ネットの反応「同一人物かな」「三郎の表情が…」

  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  3. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  4. あすの「ちむどんどん」5月26日OA第34話あらすじ 良子は金吾の求婚を受け入れるが、両家の顔合わせで…

  5. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走