iOS15配信開始でアップデート報告続々 集中モードはゲーマーに好評 「6Sがまだ現役」と長期サポートも高評価

アップルは日本時間の15日、iPhone用OSの最新版「iOS15」の配信を開始した
アップルは日本時間の15日、iPhone用OSの最新版「iOS15」の配信を開始した

米IT大手のアップルは日本時間の21日、スマートフォンのiPhone用OSの最新版「iOS15」の配信を開始した。ネット上にはiPhoneユーザーからのさまざまな反響が寄せられ、同日朝のツイッターやヤフーリアルタイム検索トレンド上位に「iOS15」がランクインした。

アップデートのポイントは、アラートや通知、電話の着信などを「仕事」「パーソナルな時間」「睡眠」「運転」「ゲーム」といった設定に応じてコントロールできる「集中モード」や、ウェブブラウザー「Safari」のデザイン変更、他社製のOSからも参加可能になったビデオ通話アプリ「FaceTime」の機能強化など、多岐にわたる。2015年発売のiPhone6s以降のデバイスにインストール可能。対象のiPhoneユーザーは無償でダウンロード、インストールできる。

ツイッターやネットニュースのコメント欄には、「iOS15アプデ完了 iPhoneSE第2世代… 圏外 バッテリーの発熱なく… 問題なく動作しています!」といった書き込みが散見され、早速アップデートしたというユーザーからの報告が相次いでいる。

目玉機能の一つである集中モードは、「通知のフィルタリングは嬉しいかも」と好評で、「音ゲーする時めっちゃ便利」「ゲーム開けばONになる」など、プレー中に注意を削がれることを嫌うゲーム好きのユーザーに特に受けがいいようだ。

また、Safariに新たに実装された翻訳機能も、「ウェブサイトの翻訳出来るようになってるじゃん!」「日本語にも対応しているので、外国語のサイトを読んだりアプリを使うのがはかどる」などと喜ばれている。

  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 「枝野さん、議論しろよ」 安倍前首相が憲法シンポで改憲議論呼びかけ