チェッカーズ公式チャンネル開設にファン歓喜「なつかしすぎる」「ライブ映像もアップして」の声

とにかく「売れたい」と言っていたチェッカーズ
とにかく「売れたい」と言っていたチェッカーズ

1980年代に人気を誇ったバンド、チェッカーズのユーチューブ公式チャンネルが21日、開設され、8曲のミュージックビデオ(MV)が公開された。懐かしい7人の姿にネットのファンも大喜びだ。

同日はチェッカーズのデビュー記念日で、今年で38周年を迎えた。藤井フミヤをボーカルに、83年「ギザギザハートの子守唄」でレコードデビューを飾ったチェッカーズ。その後、「涙のリクエスト」「星屑のステージ」「ジュリアに傷心」など、数々の名曲をリリースし、80~90年代にかけ、J-POPシーンで一時代を築いた。

この日、公開されたMVは「Song for U.S.A」「WANDERER」「Blue Rain」「ONE NIGHT GIGOLO」「Jim&Janeの伝説」「Room」「Cherie」「夜明けのブレス」のシングル8曲。この流れに多くのファンが喜び、ツイッターには「なつかしすぎる!」「ここでカッコイイ姿をたくさんUPして欲しい!!」「チェッカーズかっこいいね。初めてじぶんのお小遣いでアルバム買ったバンド。毎週ラジオ聞いてたな」「早速登録しました!心が震える…。やっぱりサイコー!」などの声が届いた。

たくさんのヒット曲があり、ライブパフォーマンスも得意だったチェッカーズ。今後について、「もっともっとたくさんの名曲を見れるようにしてください」「『I love you,SAYONARA』もよろしくお願いします!」「まずはMVから、みたいだけど可能であればライブ映像もアップしてほしいなぁ」といったリクエストも寄せられている。



  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. コロナ禍で加速、18歳未満モデルの「闇撮影会」 学校やバイト休みで時間に余裕、「パパ活より安全」とひそかにブーム