二刀流一問一答

大谷翔平「全体的にコマンド(制球力)も良かったですし打たれたのはやっぱりホームラン」 好投も10勝目持ち越し

サンスポ
アスレチックス戦の8回、2死満塁のピンチでチャプマンを空振り三振に仕留め、ガッツポーズする大谷=アナハイム(共同)
アスレチックス戦の8回、2死満塁のピンチでチャプマンを空振り三振に仕留め、ガッツポーズする大谷=アナハイム(共同)

エンゼルス2-3アスレチックス=延長十回(19日、アナハイム)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(27)は「2番・投手」で先発出場し、8回を投げ10三振を奪ったが2本のソロで2失点。0-2とリードされた場面で降板し、10勝目とはならなかった(9勝2敗)。球数は108で5安打、4四死球で防御率は3・28とした。打者としては2打数無安打2四球。1918年にベーブ・ルースが記録して以来となる「2桁勝利、2桁本塁打」の偉業達成は持ち越しとなった。試合後に行われたオンライン会見の主な一問一答は以下。

--投球を振り返って良かった点は

「全体的にコマンド(制球力)も良かったですし、打たれたのはやっぱりホームランになってるので、そこらへんは前回に続いて反省点かな、と思います」

--いままでで一番多くスプリットを投げた。良かったということか

「そうですね。シーズンも最後の方なので、いろいろ投げながらいきたいなと思ってます」

--右肘の張りで登板回避。今季投げられないという思いはあった

「いや、そんなことはないですね。多少、返りが遅い、張りが返ってくるのが遅かったので、一応、報告したという感じですね」

--最後のイニングで99マイルを投げた。肉体的には問題ないように見えたが

「問題はなかったですね。もちろん、球数的に抑えれたら九回まで行きたかったぐらいだったので、全体的にそういう感じだったかなと思います」

--スプリットは55球、なぜ多かったのか

「シーズンの目標としては健康で最後まで終わるのが一番の目標ではあるので、その中で負担のかかる球とかからない球、いろいろありますけど、シーズンの中でトータルとしてみたときに全体の球種を抑えるところがあると思うんですけど、きょうは残り試合数も少ないので、そういう意味で多めには投げました」

--プレーオフ争いから外れている状況で、投げ続けているモチベーションは

「個人的には投げないと成長できないというか、もちろん、今年で終わるわけではないですし、来年以降もどんどんどんどん投げ続けたいなという意欲はある」

--本塁打王争い。どれほど意識していて、取れる自信は

「もちろん、取りたいなという気持ちはあるっちゃあありますし、残りも少ないので、取りたいという気持ちもありながら1打席1打席いい感覚で、最後良い感覚で終わるか、悪い感覚で終わるか、来年以降のオフの取り組みも変わってくると思うので、まずは良い打席を増やしたいなっていうのが一番かな、と思います」

  1. 「子どもに就いてほしくないなあ」と感じる職業、1位は?

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」11月29日OA第42話あらすじ 舞(福原遥)が初フライトへ!大河内(吉川晃司)が一番手に指名

  4. 吉田麻也「一番起きてはならないことが起きてしまった」 不用意パスから後半36分、悪夢の失点

  5. 【新・親も知らない今どき入試】5大商社に強い大学ランク 独走の慶大、情報化社会で理系人材を求められる東工大