攻めてるツイッターが人気!桂浜水族館の奇跡の日々がエッセイに

桂浜水族館公式マスコットキャラクターの「おとどちゃん」
桂浜水族館公式マスコットキャラクターの「おとどちゃん」

ツイッターの投稿も人気の高知県にある桂浜水族館。今年4月に開館90周年を迎えた老舗の水族館だが、最近はツイッターの“攻めてる”投稿でファンを掴んでいる。そんな桂浜水族館の奇跡の日々を綴ったエッセイ「桂浜水族館ダイアリー」が11月25日に光文社から発売される。

同書は、ツイッター公式アカウントの運用担当でもある、桂浜水族館公式マスコットキャラクター・おとどちゃん初の著書で、生き物の生と死、飼育員たちの葛藤や成長を情感たっぷりに綴った、全8話のエッセイとなっている。フォロワーからの悩みに真摯に答える「おとどの小部屋」なども収録される。

桂浜水族館の公式ツイッターは、コロナ禍で来場者が減り「お客さんがいなさすぎてこのままでは給料がでません!!」と来場を懇願するツイートや、「45分経つのにノーゲストって人類が滅亡した以外に考えたくないんですけど??」といった自虐、さらには飼育員を紹介する投稿で、全国からフォロワーを集めて人気のアカウントになった。

同書の発売を記念して、「おとどちゃんぬいぐるみ」の制作も決定。桂浜水族館の公式ツイッターで「特典として手乗りサイズのおとどぬいぐるみがついてくるってよ!」と告知するとファンからは「おとど先生のぬいぐるみをゲットしないと2021年は終われない」「おとどちゃん(分身)がお家にも 楽しくなるね」「手乗りサイズのおとどちゃんて、りんご何個分だろう?おとどちゃんを手玉に取りながら読みたーい!」など、熱いメッセージが届いた。

なお、ぬいぐるみ付きものは数量限定となり、購入方法などの詳細は、9月末頃に光文社文芸局のツイッター公式アカウントで発表する予定だ。

  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 「枝野さん、議論しろよ」 安倍前首相が憲法シンポで改憲議論呼びかけ