阪神、矢野監督に「来季続投」要請も…どんでん返しの“黒歴史” 正式な返答はシーズン終了後

矢野監督は来季も指揮を執ることができるか
矢野監督は来季も指揮を執ることができるか

 阪神・藤原崇起オーナー(69)が18日、優勝争いを演じる矢野燿大監督(52)に来季続投を要請したことを明かしたが、油断は禁物だ。

 3年契約最終年を迎えた指揮官に対し、試合のなかった16日に「来季もお願いしたい」と要請。この日、中日戦(甲子園)に1-0の零封勝利を収めた矢野監督は「この時期にそう言ってもらい、評価をしてくれたのはありがたい」と話し、正式な返答はシーズン終了後とした。

 野球界、特に阪神で「来季続投」の話題ほど当てにならないことは過去の歴史が証明している。今季とそっくりなのが2015年。和田豊元監督(現球団本部付テクニカル・アドバイザー)が、残り16試合の9月12日にヤクルトと同率首位も、そこから大失速し、夏場に「続投要請に支障はない」と言い切った球団は態度を一転。最終的には9月30日に「退任」で決着をつけ、広島が10月7日の最終戦に敗れ、かろうじて3位で終えた。

 和田氏から引き継いだ金本知憲前監督も契約最終年にリーグ最下位が決まった2018年10月、当時の谷本球団本部長(現球団副社長)が続投に「変わりない」としたが数日後、電鉄本社主導で電撃解任された経緯がある。いずれもシーズン終盤の“悪印象”が影響している。

  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔

  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で

  5. 「枝野さん、議論しろよ」 安倍前首相が憲法シンポで改憲議論呼びかけ