「熱海盛り土流出事故」捜査に新展開、新たに6人の遺族が刑事告訴 殺人容疑で不動産元幹部の立件は可能か

大規模土石流は捜索活動も困難を極めた=静岡県熱海市(共同)
大規模土石流は捜索活動も困難を極めた=静岡県熱海市(共同)

 静岡県熱海市で7月に発生した大規模土石流をめぐる捜査に新展開だ。起点となった土地の安全管理を怠ったとして、遺族が土地の現旧所有者を業務上過失致死などの容疑で刑事告訴し、受理されたが、新たに6人の遺族が刑事告訴し、2011年まで土地を所有していた不動産管理会社(清算)の元幹部については殺人容疑を適用する方針だ。殺人での立件は可能なのか。

 土石流は7月3日に発生し、熱海市伊豆山地区の周辺住民ら26人が死亡した。母親(77)を亡くした瀬下雄史さん(53)は土石流の起点となった盛り土の安全管理を怠ったとして、土地の現旧所有者を業務上過失致死などの疑いで静岡県警熱海署に刑事告訴、8月27日に受理された。

 両者を相手に起こす予定の損害賠償請求訴訟は原告が60人前後に上り、早ければ今月28日に静岡地裁沼津支部に提起するという。

 新たに6人の遺族が両者を刑事告訴する方針で、前所有者には殺人容疑を適用するという。

 静岡県によると、土石流の起点となった土地を06年に取得した前所有者は、盛り土に産業廃棄物を混ぜるなどの不適切行為を繰り返し、県と市から複数回にわたって行政指導を受けていた。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから