高市氏の支持“急拡大”政策・理念の一貫性で突出 河野氏と出馬表明会見の動画再生回数でも大差 自民総裁選きょう告示「次のリーダー」選択の行方

一貫した発言で支持を広げる高市氏
一貫した発言で支持を広げる高市氏

 自民党総裁選は17日午前に告示され、岸田文雄前政調会長(64)、高市早苗前総務相(60)、河野太郎行革担当相(58)、野田聖子幹事長代行(61)の4氏が立候補を届け出る。党内7派閥のうち6派閥が事実上の自主投票となる。前哨戦では、世論調査で人気のあった河野氏が「持論封印」や「パワハラ問題」などで伸び悩む一方、政策や理念を明確な言葉で訴える高市氏への支持が拡大しているようだ。日本の「次のリーダー」は、新型コロナウイルス対策や経済成長、中国や北朝鮮の軍事的脅威など、国内外の難題に立ち向かう能力と覚悟が求められる。投開票は29日。自民党の選択が注目される。

 「コロナ禍の中、国民の命と生活を守り、経済を活性化する為の具体的な政策を示し、日本の主権は守り抜くとの確固たる決意と、国家観を力強く示した高市早苗候補を支持いたします。世界が注目しています。皆さま宜しくお願い申し上げます」

 安倍晋三前首相は16日夜、こうしたツイートを、高市氏の出馬会見の写真とともに発信した。これまで、出身の細田派幹部を通じて「高市支持」を伝えていたが、ついに前面に出てきた。

 高市氏は、これまで総裁選に出馬経験がないため序盤戦の世論調査では、岸田氏や河野氏に大きくリードされていた。

 ところが、「日本を守る責任と未来を開く覚悟を持って、立候補を表明します」と語り始めた8日の出馬会見は、安全保障政策やコロナ対策、経済強靱(きょうじん)化、外交、福祉、憲法など、約1時間50分、圧倒的な政策力と気迫を披露した。途中、怒号まがいの質問もあったが、落ち着いて対処し、炎上もなかった。

 党内でも、「高市氏の政策知識と説明能力には驚いた。あれなら、野党の国会追及にも対応できる」などと評価が一気に高まった。

 高市陣営が14日、国会内で開いた「選挙対策本部立ち上げ集会」には、何と国会議員71人(本人39人、代理32人)が参加した。

 読売新聞が17日朝刊一面で報じた「国会議員の支持動向調査」によると、岸田氏と河野氏が約2割、高市氏が約15%の支持を得て競い合っていた。高市氏の急伸ぶりが伝わった。

 これに対し、河野氏は、知名度のある石破茂元幹事長と、小泉進次郎環境相の支持を得て、爆発的な支持拡大を狙っていたが、どうも伸び悩んでいるようだ。

 動画配信サイト「ユーチューブ」にアップされた、高市氏と河野氏の出馬表明会見の動画(FNNプライムオンライン)を見ても、再生回数に大きな差が見られる。

 高市氏の会見(8日配信)は17日午前7時時点で、254万4392回に達し、「高い評価」が6万3122、「低い評価」が4239。

 一方、河野氏の会見(10日配信)は24万990回と高市氏の10分の1以下で、「高い評価」が1509、「低い評価」が1万5119と、圧倒的に不評だった。

 河野氏が総裁選出馬にあたり、持論とされる「脱原発」や「女系天皇容認」を封印したことや、外相や防衛相経験があるのに外交・安全保障政策に具体性がなかったことが影響したのか。

 さらに、河野氏は15日に生出演したワイドショーで、コメンテーターの杉村太蔵元衆院議員から「河野さんは役人を怒鳴るでしょ? 自分の立場弱い人をガンガンガンガン責め立てるでしょ? 鋭い言葉で。これは一番心配していることなんです」と、懸案の「パワハラ問題」を追及された。

 麻生太郎政権時代や安倍政権時代に「後ろから鉄砲」を撃ちまくった石破氏が「河野支持」に回ったことが、支持拡大のブレーキになっているとの見方もある。

 河野陣営が16日、都内のホテルで開いた「必勝を期す会」には、石破氏や進次郎氏や国会議員57人(本人28人、代理29人)が参加した。

 このほか、岸田氏は、足元の岸田派を固め、格差是正や中間層への手厚い分配を重視し「令和版所得倍増計画」を掲げる。記者団に「勝利を確信している。今まで以上に訴えのボルテージを上げたい」と語った。

 野田氏は16日、党本部で出馬を明言した際、「これまで主役になれなかった女性や子供、高齢者、障害者が社会の中で生きていける、生きる価値があるのだという保守の政治を自民党の中で作り上げたい」と述べた。

■安積明子氏「河野氏は準備不足」

 総裁選は、国会議員票の383票と「地方票」と呼ばれる党員・党友票の383票の計766票を争う。過半数を獲得した候補がいなければ、上位2人が国会議員票と47都道府県連に1票ずつの合計430票による決選投票で当選者を決める。

 総裁選での「高市氏の支持拡大」「河野氏の伸び悩み」をどう見るか。

 政治ジャーナリストの安積明子氏は「河野氏は結局、世論の人気頼みで、明らかに準備不足だった。出馬会見でも持ち味の勢いはなかった。週刊誌の『パワハラ』報道では脇の甘さも露呈した。ふわっとした人気はあっても、党員票にすべてが反映されるとは限らない。周囲も気が付き始めたようだ」と語った。

 そのうえで、「高市氏はずっと、政策づくりを深堀りしてきた。こうした下地が周囲にも理解されて、伸びてきたようだ。ここにきて、さらに『総裁選に勝つ』との思いを強めている。各派閥は『自主投票』だが、ある程度は各候補に割り振るはずだ。一気に国会議員票が増えるとは思われないが、どれだけ伸ばすか、注目したい」と語っている。

zakzak

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. ホールケーキ完食強制も…毒親に育てられた東大卒マンガ家の壮絶体験