秋山は2打数1安打1犠打 「バントは緊張感あった」

産経ニュース

米大リーグ、レッズの秋山翔吾は16日、ピッツバーグでのパイレーツ戦に「8番・中堅」で出場し、2打数1安打だった。内容は左中間二塁打、見逃し三振、一犠打で打率は2割4厘。七回の守備で退いた。チームは1―0で勝ち、連敗を4でストップ。

■秋山の話「(七回無死一、二塁での)バントは、見ている人は100パーセント決まるものだと思って見ているので、やはり緊張感はあった。1―0で(の勝利は)投手が頑張ってくれて、いい方につながってくれたので良かった」(共同)

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  5. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」