野田聖子氏、自民総裁選出馬 17日告示間に合った「弱き者を奮い立たせるような政策を」

サンスポ
自民党総裁選への出馬を表明した野田聖子幹事長代行=16日午後、東京・永田町の自民党本部(撮影・春名中)
自民党総裁選への出馬を表明した野田聖子幹事長代行=16日午後、東京・永田町の自民党本部(撮影・春名中)

菅義偉首相の退陣表明に伴う自民党総裁選が17日、告示される。出馬に向けて調整を続けていた野田聖子幹事長代行(61)は16日、東京・永田町の党本部で立候補を正式に表明した。課題とされてきた推薦人20人が確保できた。総裁選には岸田文雄前政調会長(64)、河野太郎行政改革担当相(58)、高市早苗前総務相(60)も立候補。投開票される29日に向けて〝ポスト菅〟レースがスタートする。

出馬を模索してきた野田氏が、告示日の前日に滑り込んだ。16日午後5時30分頃、党本部で会見に臨み「総裁選に必要な推薦人20人を整えていただき、私、野田聖子は出馬をさせていただくことになりました」と、立候補を正式に表明した。

すでに岸田氏、河野氏、高市氏が立候補を表明。3氏が争う構図になるとみられたが、野田氏が割って入った。過去3度、推薦人20人の確保に難航して出馬を断念した経緯があったが、ついに総裁レースのスタートラインに立った。高市氏とともに総裁選で初めて複数の女性候補が争う。

野田氏は3氏の政策を「素晴らしいものばかり」と持ち上げつつ、「私が政治家として取り組んできている小さき者、弱き者、その人たちを奮い立たせるような政策がなかなか見つけ出すことができなかった」と指摘した。

さらに「日本では多様性が求められている。これまで主役にならなかった女性、子供、高齢者、障害者がしっかりと、この社会の中で生きていける、生きる価値があるんだという保守の政治を自民党に作り上げていきたい」と主張した。

背後に三原じゅん子厚労副大臣らが見守る中、「しっかり仲間と頑張っていくことをお約束します」と宣言。記者団の質問には答えず、わずか約2分で会見を終えた。

今回の総裁選は国会議員票、党員・党友票のフルスペックで実施。党内7派閥のうち6派閥が事実上の自主投票となる方向で混戦は必至だ。最後に滑り込んだ野田氏を含め4氏が〝ポスト菅〟の座を巡り火花を散らす。

◆河野氏支援「必勝を期す会」 石破氏ら小泉氏ら57人出席

河野氏を派閥横断型で支援する「必勝を期す会」(必勝会)が都内で発足。石破茂元幹事長や小泉進次郎環境相ら議員57人が代理も含めて出席した。河野氏はビデオメッセージで参加し「次の時代の自民党に改革し、前に進む日本を作っていきたい」と訴えた。

岸田氏は地方票と呼ばれる党員・党友票の獲得を目指し、水戸市に党茨城県議を訪ねて支援を要請。党本部に戻り山口泰明選対委員長と会談するなどした。高市氏は細田派議員と会ったほか、自身を支援する国会議員らとの会合に出席。地方議員とのリモート対話にも参加した。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  3. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  4. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  5. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」