「親ガチャ」がトレンド入り ネットの反応は?「軽はずみに使えん」「愚痴に使う分にはあり」「子ガチャは許さん」

加藤浩次
加藤浩次

16日午前、ツイッターでは「親ガチャ」なるワードがトレンドに浮上した。同日放送された日本テレビ系情報番組「スッキリ」で取り上げられ、関心が寄せられた。

「親ガチャ」とは自分で親を選ぶことはできす、どういう境遇に生まれるかは運任せといったことを意味するネットスラングで、数年前からSNSなどで使われるようになった。何が出るかわからないカプセル式のおもちゃに例え、「親ガチャ」と呼ばれる。

番組ではMCの加藤浩次が「子供は親を選べないという言葉がある。子供は親を選べないという言葉の意味のなかには、親はだからこそ子供に愛情を注いで育てるという意味も含まれる」などと熱く議論。世代などによって「ガチャ」という捉え方に差があるとしつつ、虐待などは社会の問題として切り分けて考えるべきとした。

ツイッターでは「親ガチャ」に対する意見が殺到。放送をきっかけに「親ガチャって言葉があるの初めて知りました そんな事平気で言える若者がいるのも初めて知りました 驚きすぎて何も言えない」「軽はずみには使えんよな、親ガチャって」「親ガチャって言葉、なんかすごい嫌い」「親ガチャって言うワードが既に悲しい」など、抵抗感を示す書き込みが目立つ。「虐待や毒親のもとに生まれて毎日しんどい思いをしてる人が使える言葉だと思っていた」「親ガチャは虐待などは除いてうまくいかないときの愚痴に使う分にはありだと思う」など、使用するケースによっては肯定的な意見も見られた。

  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で