ティックトックの調査開始 アイルランド情報保護委

産経ニュース

アイルランドの規制当局データ保護委員会(DPC)は14日、中国への個人データ移転などに関し、北京字節跳動科技(バイトダンス)が運営する動画投稿アプリTikTok(ティックトック)の調査を始めたと発表した。欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)に違反していることが確認されれば、制裁金が科される見通しだ。

GDPRは域外への個人データ移転を厳しく制限しており、ティックトックが適切に処理していたかどうかが焦点だ。DPCは13歳未満の利用者の年齢確認などに関する調査も進める。

ティックトックを巡っては、トランプ前米大統領が昨年8月、安全保障上の脅威だとして利用を禁止する大統領令を出した。バイデン米大統領は今年6月に撤回する一方、情報流出などのリスクを検証するよう命じた。GDPRに違反した場合、全世界の売上高の最大4%が制裁金として科される。(共同)

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  3. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…