綾瀬はるかの資産が狙われたか 母が巻き込まれた1億円投資トラブルの一部始終

ポストセブン
綾瀬はるかが堂々のETTシャツコーデ(7月下旬)
綾瀬はるかが堂々のETTシャツコーデ(7月下旬)

女優・綾瀬はるか(36才)の家族が、巨額の投資トラブルに巻き込まれた──。騒動が起きたのは、綾瀬の故郷の広島。出資者の多くは60代以上の高齢者で、老後資金をつぎ込んでいたため、彼らは大きな不安に駆られており、その“被害者”の中に綾瀬の母親も含まれていた。

新型コロナウイルスに感染し、現在は快復に向かっているという綾瀬だが、心中穏やかでない日々が続いている。

「8月下旬から肺炎の症状が出始めたため緊急入院。当初は肺に白い影が出て呼吸がしづらかったようです。病状は落ち着きましたが、油断できません。いまでも肺が真っ白になったり、激しい頭痛に見舞われたりするようですから。医師からは、後遺症が半年以上続く恐れがあるとも言われているそうです」(綾瀬の知人)

この夏、綾瀬は映画の撮影などが立て込んだ。副反応が仕事に影響することを避けるため、ワクチンの接種は9月を予定していた。だが、その前に感染してしまった。

綾瀬はいまや、日本を代表するトップ女優だ。CM契約する企業はユニクロ、コカ・コーラ、NTTドコモなど大手9社で、そのうち5社は東京オリンピック・パラリンピックのスポンサーとして名を連ねた。東京五輪の“アイコン”としても輝いた彼女はドラマの視聴率女王でもあり、この秋には木村拓哉(48才)と10年ぶりに共演する映画の撮影が予定されている。

綾瀬の前に立ちはだかったコロナだが、実はその直前にも深く心を痛める出来事があった。コロナ感染から遡ること1か月、彼女は巨額投資トラブルに巻き込まれていた。騒動の舞台となってしまったのは、綾瀬の個人事務所だ。社名に亡き父の思いが込められた、大切な会社だ。

「綾瀬さんは2019年6月にお父さんを肺がんで亡くしました。父親思いの彼女は忙しい日々の合間を縫って、治療に付き添っていました。その間、病床のお父さんと今後のことを話し合っていて、個人事務所の設立を決めたんです。社名も父娘で相談して決めたそうです」(芸能関係者)

愛する父の死から5か月後、綾瀬は個人事務所を設立。代表取締役に綾瀬の母が就任し、綾瀬と兄が取締役となった。

「綾瀬さんのCMのギャラは、芸能界でも最高クラスで、1本5000万~7000万円ともいわれています。所属事務所のホリプロは給料制ですが、CMのギャラなどはインセンティブとして別枠で入る。近年の彼女の年収は、3億円はくだらないとされます。

収入の多い芸能人は個人事務所を立ち上げて、出演料などを会社の収入として受け取り、その会社から給料をもらうかたちで節税をします。綾瀬さんの個人事務所も、こうした節税対策がメインのはずです」(テレビ局関係者)

父が娘の将来を慮った個人事務所が、巨額の投資トラブルに巻き込まれたのは皮肉というしかない。しかも騒動は綾瀬家だけではなく、綾瀬の故郷・広島の高齢者を巻き込んだ大規模なものだった。

  1. 巨人・原監督、殿堂入りで600人の大パーティー ただ1人欠席する大物とは…

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  4. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」