亜大が青学大に連勝 木倉が決勝弾/東都

サンスポ
4回、投球する亜細亜大・岡留英貴=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
4回、投球する亜細亜大・岡留英貴=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

東都大学野球秋季リーグ戦第1週第2日(16日、亜大6-5青学大、2回戦、亜大2勝、神宮)亜大は先行したものの、三回に5-5と追いつかれた。五回、先頭の3番・木倉朋輝内野手(4年)が左越えに決勝本塁打。四回からの6回を右腕・岡留英貴投手(4年)が2安打無失点に抑え、青学大に連勝した。

木倉は、「5点をとりながら、その後にボール球に手を出して足を引っ張っていたので、塁に出ようと思っていた。打ったのは、インコースのストレート」と決勝弾の場面を振り返った。

生田勉監督は、「私が投手起用を間違えた。五回に木倉が(本塁打を)打って、その後は岡留が投げ切ってくれた」と4年生の活躍を評価した。

  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  5. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…