香取ら「新しい地図」紅白出場なら…SMAP、再集結の可能性 パラで献身的活動“今年の顔”に

 東京五輪に続いて、東京パラリンピックも多くの感動を残して、無事終了した。そんな中、選手と同じぐらいに注目されたのが元SMAPのメンバーたちだ。表彰式のプレゼンターとして登場した稲垣吾郎(47)、草なぎ剛(47)、香取慎吾(44)の3人だが、今年の大みそかのあの番組にも出演する可能性が高くなっている。

 2018年、国際パラリンピック委員会(IPC)の特別親善大使に就任した3人は、イベントやSNS、テレビ番組などを通じてパラスポーツの魅力を伝えてきた。

 「もともとはSMAPが15年に日本財団のパラリンピックサポートセンターの応援サポーターに就任したのが始まりです。しかし、ご存じの通り、SMAPは16年で解散してしまいました。その後、稲垣、草なぎ、香取の3人が引き続きスペシャルサポーターとして活動しているんです」とスポーツ紙記者は話す。

 今回のパラリンピックでは、稲垣が競泳男子100メートル平泳ぎ、草なぎはボッチャ個人、香取が陸上男子400メートルなどの競技の表彰式にプレゼンターとして登壇した。

 「五輪では、オリンピアンらがプレゼンターとして登場しましたが、芸能人が登場することはありませんでした。それだけ、香取ら3人がパラスポーツを献身的に紹介してきた活動が認められたということでしょう」と先のスポーツ紙記者。

 そんな3人の活動ぶりが、新たな展開を見せそうだというのだ。音楽関係者はささやく。

 「今年のNHK紅白歌合戦です。番組で、今年1年を振り返るのは間違いない。そうすると、五輪、パラリンピックを取り上げないわけはないでしょう。審査員やゲストにメダリストたちが招待されることになります。そして稲垣、草なぎ、香取の3人も紅白に登場する可能性は極めて高いということです」

 五輪、パラリンピックをめぐっては、解散したSMAPや活動休止している嵐の再結集を望む声がたびたび上がっては消えてきた。

 「嵐は櫻井翔(39)と相葉雅紀(38)がNHKの五輪番組のスペシャルナビゲーターを務めたこともあり、再結集の可能性がささやかれています。SMAPについては、大半のメンバーがすでにジャニーズ事務所を退所しているだけに、再結集のハードルはさらに高いとみられています。大みそかの夢舞台が最後のチャンスかもしれないだけに、大きな決断があるかもしれません」と先の音楽関係者は話す。

zakzak

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  3. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  4. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから