駒大の右腕・福山優希が3安打完封 中大に連勝/東都

サンスポ
中大打線を完封した駒大・福山優希=神宮球場(撮影・加藤圭祐)
中大打線を完封した駒大・福山優希=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

東都大学野球秋季リーグ戦第1週第2日(16日、駒大3-0中大、2回戦、駒大2勝、神宮)駒大は一回1死から、左中間三塁打で出た2番・浦口輝外野手(3年)を3番・与倉良介外野手(3年)が右翼線適時二塁打でかえして先制、さらに5番・新田旬希内野手(4年)の左前打で2点目を加えた。1回戦(13日)で4安打1失点完投勝ちした右腕・福山優希投手(3年)が先制の援護を受け、中大打線を3安打完封し、連勝に導いた。

福山は「先制してもらい、状況を考え、打者を見ながら投げた」と連勝にも淡々。大倉孝一監督は「快勝とはいえないが、福山がきょうもゲームを作ってくれた。先制点を取り損ねると逆になることもあるので、取れてよかった」と投打のヒーローをたたえた。

  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  3. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  4. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  5. 【衝撃事件の核心】16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…