ホンダ「モンキー125」新型で5速に 「シフトをガチャガチャしたい」と二輪好き注目 44万円の価格に「高いてー」とぼやきも

ホンダが27日に発売する、5速トランスミッションを採用した新エンジンを搭載したレジャーバイク「モンキー125」
ホンダが27日に発売する、5速トランスミッションを採用した新エンジンを搭載したレジャーバイク「モンキー125」

ホンダは16日、レジャーバイク「モンキー125」に5速トランスミッションを採用した新エンジンを搭載したモデルを27日に発売すると発表した。ツイッターでは早速、二輪好きのネットユーザーから熱い視線が集まっている。

モンキー125は、1967年にデビューした初代国内市販モデルで原動機付き自転車の「モンキーZ50M」から連綿と引き継がれている「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」といった特徴を踏襲しつつ、エンジンやボディーサイズをアップした原付二種(第二種原動機付自転車)規格のレジャーバイク。

新エンジンは、ロングストローク化を図り圧縮比を高めるなど、力強い走りを実現しながら最新の排出ガス規制に適合させたとのこと。また、トランスミッションを従来型の4速から5速に変更するなど、市街地走行からショートツーリングまでさまざまなシチュエーションで、レジャーバイクとしての操る楽しさを追求したという。足まわりには、フロントブレーキのロックを抑制し制動時の安心感に寄与すると謳う1チャンネルABS(アンチロックブレーキシステム)を標準装備している。ツートーンカラーを採用したボディーは赤、青、黒の3色展開で、税込み価格は従来型から据え置きの44万円。

同社の公式ツイッターでも告知され、二輪好きのツイ民が続々とリプライや引用リツイートを投稿。「可愛い~!カッコいい~!」「ちょい乗りにいいね!」「絶対楽しいからいつかほしい」「今年の冬ボ次第」「こりゃまた猛烈に売れそうだな」と、熱い視線が注がれている。

  1. キッチンで使える。電気がいらない生ごみ処理機「自然にカエルS」

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」