朝ドラあすの「おかえりモネ」9月16日第89話あらすじ 大型台風の勢いは収まるが事態は刻々と変化し… - イザ!

メインコンテンツ

朝ドラあすの「おかえりモネ」9月16日第89話あらすじ 大型台風の勢いは収まるが事態は刻々と変化し…

永浦百音役を演じる清原果耶 (C)NHK
永浦百音役を演じる清原果耶 (C)NHK

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育ったヒロインの永浦百音が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」(NHK総合など)。女優・清原果耶が主演を務める同作の第89話が16日、放送される。

ドラマは第18週「伝えたい守りたい」(86~90話)が放送中で、2019年9月、百音の24歳の誕生日を控えたある日、百音たちが活動をサポートする車いすマラソン選手の鮫島祐希(菅原小春)の代表選考レースが行われ、鮫島が、ついに国際大会の代表の座を手にした。

一方、新しいビジネスに精力的な気象予報士の朝岡覚(西島秀俊)は、今度は一般の人から天気の情報を集めるアプリの運用を始めていた。百音も、自身が考えた企画を、勤務する「ウェザーエキスパーツ」の社長、安西和将(井上順)にプレゼンする。百音が提案した企画は「あなたの町の気象予報士 全国津々浦々計画」というもので、百音は、安西らに、地域の産業や医療などと連携する密着型の予報士の必要性を力説した。地元のために何かをしたいと考える百音。安西は「採用になったら、地元に帰るの?」と確認したが、百音は返答に窮した。

その数日後、過去にあまり例がないほどの大型台風12号が、日本列島に近づいていた。

第88話(15日放送)で、大型台風の発生によって、百音たちは対応に追われることに。日本列島への上陸3日前に気象庁が記者会見を開くなど、異例の事態となっていた。百音たちの番組も台風報道に切り替わるが、外はまだ雨も風もない。しかし、百音たちは、数日後には大雨が降ることを予測しており、起きていないことに対して危機感を抱いてもらうためには、どうしたらいいのかと考えを巡らせる。そして百音は、少し先に起こる未来を映像で見せることで視聴者に注意喚起するという方法を思いつく。

第89話で、台風12号は、大きな被害をもたらすことなく、雨のピークは収まりかけていた。

そこへ長野県に住む高齢女性(大方斐紗子)から電話が入る。「うちの裏山の小川が、川になったら危ない。ふもとの番場川が暴れる」。同じころ、百音が働く気象情報会社「ウエザーエキスパーツ」にいた気象予報士の朝岡覚(西島秀俊)も、長野の河川の異変に気付き始めていた。気象班チーム、朝岡、それぞれに、どう伝えたらよいか。百音は一刻も早く行動する選択を迫られ…。



  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳