阪神・西勇輝離脱も18連勝2軍から人材供給できない 先発投手は手薄、1軍への投手供給に滞り - イザ!

メインコンテンツ

阪神・西勇輝離脱も18連勝2軍から人材供給できない 先発投手は手薄、1軍への投手供給に滞り

11日はキャッチボールを行った西勇。それから3日で何があった!?
11日はキャッチボールを行った西勇。それから3日で何があった!?

 通算100勝を挙げたばかりの阪神・西勇輝投手(30)が寝違いによる首痛を訴え14日、出場登録を抹消された。16年ぶりのリーグVへ大事な場面での離脱に、周囲はやきもきしている。

 6月18日に通算99勝目をマークしてから3カ月近くも白星から見放され、10日の広島戦で今季5勝目。ようやく100勝を達成し、巻き返しが期待されたところで、まさかの展開が待っていた。

 残り30試合、西の力は欠かせないだけに、他球団スコアラーは「投げる姿を見る限り、足も痛めているように見受けられる。だけど大きな故障ということでなければ、この時期に先発ローテーションの柱が抜けるなんてあり得ないよ」と寝違いの球団発表に首をかしげる。

 今週は16日に試合がなく5試合だが、来週以降は3週続けて週6試合が組まれている。もし長期離脱となれば、優勝の二文字にたちまち暗雲が立ち込める。

 目下、2軍はウエスタン・リーグでファームのプロ野球記録タイとなる18連勝とイケイケ。ところが、先発投手は手薄で、肝心の1軍への投手供給には滞りが生じている。

 現在、勝ち頭はドラフト5位右腕・村上=東洋大=の9勝だが、8月28日に1軍の広島戦でプロ2度目の先発も、3回5失点と炎上し2軍で再調整中。同6勝の西純矢も緊迫した試合が続くシーズン終盤の、大事な試合を任せられるには至っていない。<page/>

 2軍事情に詳しい球界関係者は「阪神が勝ちまくっているのは江越、陽川、北條、高山ら1軍経験者で打ち勝った試合が多い。2軍はあくまで上が困ったときに戦力供給する場所。投手は辛うじて中継ぎ陣の入れ替えはしているが、幹になり得る人材が育っていない」と指摘する。

 今季の西勇は2月のキャンプ終盤にぜんそくの治療で離脱。調整が遅れたため開幕投手を任せられなかった。肝心なときに頼れない西勇に振り回されることになってしまうのか。(山戸英州)

zakzak

  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  4. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」