自民・岸田氏、党ガバナンス確立へ新政策 - イザ!

メインコンテンツ

自民・岸田氏、党ガバナンス確立へ新政策

産経ニュース
岸田文雄前政調会長=14日午前、国会内(春名中撮影)
岸田文雄前政調会長=14日午前、国会内(春名中撮影)

自民党総裁選(17日告示、29日投開票)に出馬表明している岸田文雄前政調会長が、抜本的な党改革を進めるため、党の資金管理や人事などでの透明性を図る「自民党版ガバナンス・コード(統治原理)」を実現するための新たな政策をまとめた。党総裁直属の委員会を設置して公平な統治力を高める狙いがある。15日に発表し、総裁選で訴える考えだ。

東京証券取引所は上場企業に対し、経営者を律するためコーポレートガバナンス・コード(企業統治原則)と呼ばれる行動指針を定めている。新設する組織はこれを参考とし、党への国民の信頼回復を進める。

岸田氏は出馬を表明した8月26日の記者会見で、権力の集中を防ぐ観点から、総裁を除く党役員の任期を「1期1年、連続3期まで」と提案。党役員に中堅・若手を大胆に登用することや、衆院選の比例代表候補に適用する「73歳定年制」の堅持などの党改革案も示している。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 森尾由美、感激!長女が結婚 母娘2代で同じウエディングドレス
  4. こじるり、エロモード全開! 交際する前に性行為する?→「いたします」の大サービス
  5. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声