「iPhone 13/mini/Pro/Pro Max」は何が変わった? iPhone 12シリーズとの比較まとめ(1/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

「iPhone 13/mini/Pro/Pro Max」は何が変わった? iPhone 12シリーズとの比較まとめ

ITメディア
(左から)「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro Max」「iPhone 13 Pro」
(左から)「iPhone 13」「iPhone 13 mini」「iPhone 13 Pro Max」「iPhone 13 Pro」

米Appleが9月14日(米国時間)に開催したスペシャルイベントで発表された、「iPhone 13」シリーズ。今回は先代のiPhone 12シリーズを踏襲し「iPhone 13/mini/Pro/Pro Max」の4機種が登場した。従来モデルと比べながら、新機能や注目ポイントを紹介する。

ほぼ同じ? iPhone 13/miniとiPhone 12/miniの違いは

6.1インチの有機ELディスプレイを搭載し、前作の「iPhone 11」以上にスタンダードモデルとしてのポジションを獲得した「iPhone 12」だが、iPhone 13では上位モデルの機能を取り入れるなど、スペックが強化された。ブラック、ホワイト、グリーン、ブルー、(PRODUCT)REDの5色だったカラーは、ピンク、ブルー、ミッドナイト、スターライト、(PRODUCT)REDに置き換わった。

カメラハードは進化も大きな変化はなし 13シリーズ全体で動画撮影強化

カメラは、広角1200万画素、超広角1200万画素のデュアルカメラ仕様と、大きなスペック差は見られないが、広角カメラはピクセルサイズが大きくなり、これまでに比べ47%多く光を取り込めるようになった他、「iPhone 12 Pro Max」で初めて採用されたセンサーシフト式の手ブレ補正がiPhone 13にも搭載された。

映画のような動画撮影を実現する「シネマティックモード」も搭載。被写体を捕捉し続けることで正確なオートフォーカスが可能な他、被写体が顔を背けると、その先にある被写体にピントを移動する。内部では深度マップを作成しており、単焦点レンズで撮影したような被写体の背景ボケを動画に加えられる。撮影後にピントの位置やボケの量を調整することも可能だ。ただし記録できるのはフルHD/30fpsの動画に限定される。

カメラ以外では、最新SoCの「A15 Bionic」を搭載。バッテリーもiPhone 12より2.5時間長持ちになった。ディスプレイはサイズ、解像度ともに同じだが、輝度が28%向上。HDRコンテンツの再生では1200ニトまでアップするという。ストレージサイズも64GBを撤廃。512GBを新たに追加し、128GB、256GB、512GBの3種類を用意する。

5.4インチのiPhone 13 miniも同じ傾向で、縦横のサイズやデザインは12 miniを踏襲する。カメラ性能はiPhone 13と同等のため、13 miniでもピクセルピッチが広がったイメージセンサーに、センサーシフト式の手ブレ補正を搭載。シネマティックモードも利用できる。こちらもバッテリーを強化した。

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. コロナ後遺症でEDの可能性 感染した男優は「引退も考える状況」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
  5. コロナワクチン「間違った打ち方」で抗体が不十分となるリスクも