【東日本大震災から10年半 忘れない、立ち止まらない】朝ドラ「おかモネ」に見いだす希望 若者よ、君たちの未来は明るい - イザ!

メインコンテンツ

東日本大震災から10年半 忘れない、立ち止まらない

朝ドラ「おかモネ」に見いだす希望 若者よ、君たちの未来は明るい

主人公の百音を演じた清原果耶さんと、ドラマの舞台である宮城県・気仙沼大島(東海新報社提供)
主人公の百音を演じた清原果耶さんと、ドラマの舞台である宮城県・気仙沼大島(東海新報社提供)

 この10年間、被災地で生きる人々の言葉にならない声、言外ににじむ思いに、数多く接してきたつもりだ。

 だからこそ感嘆しかない。NHKの朝ドラ「おかえりモネ」が、いかに丁寧な取材のもと、誠実に作られた作品であるかということに。

 ご存じない方のため簡単に説明する。主人公の百音(モネ)は宮城県気仙沼市の離島、大島の出身。震災当日は仙台におり、津波を見ていない。「あのとき自分は何もできなかった」という後悔を胸に秘めるが、“より良い未来を選択するきっかけや、命を守る指針となる”気象予報の世界に飛び込み、自らと故郷を見つめ直す-そんな物語だ。

 登場人物たちは皆、明るく、優しく、地元愛にあふれる。だが、その分、震災によってそれぞれにひどく傷つき、その傷を身の内に隠して生きている。

 行方不明の妻を思い、荒れた生活を送る漁師。そんな父の姿を見て、「自分はしっかりしなければ」と思い込む息子。「地元に残って復興を支えるべきか、自由に生きていいものか」と悩む若者-。

 この作品を見ていると、過去10年の間に触れてきた、あらゆる感情と再び出合う。

 「死亡届を出せば、その死を認めることになってしまう」といい、行方不明の家族の葬儀をあげられない人。「愛する人の不在を悲しみ続けたい、苦しむことで相手を覚えていたい」という感情は、あの震災で初めて接したものだ。

 また、百音が持つ“サバイバーズ・ギルト”のような思いは、多かれ少なかれ誰の心にもあると知った。

 「被災地に住んでいるが被災していない」「家を失ったが家族は無事だった」「三陸出身だが当時は県外にいた」「東北が大変な時に駆けつけられなかった」…。よりつらい経験をした人と自分を比べ、罪悪感を覚える人のなんと多いことか。

 “おかモネ”はこうした感情一つ一つと、どこまでも丁寧に向き合う。何が、誰が正しいかなんて、答えは出さない。苦悩は苦悩のままに、けれど、いつだってその先に優しい「希望」を示してくれる。

 何より素晴らしいのは、主人公を取り巻く大人たちの存在だ。

 震災後、被災地の子どもが「将来は地元のために役立ちたい」と異口同音に語るのを聞いてきた。

 それをうれしく感じる一方、「このまちの復興を担う世代」という言葉が、かせになってはいまいかと気がかりだった。

 そんなわれわれの思いにも、この作品はしっかり応えてくれる。若者の存在そのものを“明かり”とし、前を向く大人たちを描くことで、震災を経験した若い世代の背中を温かく支え、前へと押してくれるのだ。

 郷土愛が、未来を狭める呪縛になってはいけない。どんな選択をしようと、あなたたちが幸せならばそれでいい-。そのことを、百音の父、耕治の言葉で伝えたい。「どこにいたって、お前たちの未来は明るい」と。

 ■鈴木英里(すずき・えり) 1979年、岩手県生まれ。立教大卒。東京の出版社勤務ののち、2007年、大船渡市・陸前高田市・住田町を販売エリアとする地域紙「東海新報」社に入社。震災時、記者として、被害の甚大だった陸前高田市を担当。現在は、同社社長。

zakzak

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声