平城宮跡から奈良時代の竹製物差し 実用品か - イザ!

メインコンテンツ

平城宮跡から奈良時代の竹製物差し 実用品か

産経ニュース
平城宮跡から出土した奈良時代の竹尺。細かく目盛りが刻まれている(奈良文化財研究所提供)
平城宮跡から出土した奈良時代の竹尺。細かく目盛りが刻まれている(奈良文化財研究所提供)

平城宮跡(奈良市)から奈良時代の竹尺(物差し)が出土していたことが分かり、奈良文化財研究所が紀要2021で発表した。平城宮跡でこうした竹製の物差しが確認されたのは初めて。当時、役所で実用品として使われた可能性が高く、約1300年前の竹材利用について知る貴重な資料となるという。

同研究所が平成20年、役所が集まっていた平城宮跡の東方官衙(かんが)地区で行った発掘調査で、ごみ捨て穴を発見。穴の土を持ち帰って調査したところ、2年前に竹尺の可能性がある遺物を確認し、詳細を調べていた。

竹尺は、9片の断片で残っており、長さ3・4~13・7センチ、幅1・7~1・8センチ、厚さ0・2センチ。約3ミリ間隔の目盛りが刻まれ、約1・5センチや約3センチの部分は長く、それぞれに墨が入れられている。

復元すると、約45センチの竹尺になると推測。約3ミリという最小単位が刻まれ、側面に墨の跡も確認されたことから実用品と考えられるという。

正倉院にも物差しは残っているが、象牙やサイの角で作られており、装飾品とみられている。平城宮跡などではこれまでヒノキやウツギなどを使った物差しが出土しているが、土中で残りにくい竹製のものが確認され、貴重な成果となった。

奈良文化財研究所の浦蓉子研究員は「何を測ったかは分からないが、役人が実際に使用しただろう。今の物差しとそっくりのものを奈良時代の人も使っていたと言える」と話している。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 森尾由美、感激!長女が結婚 母娘2代で同じウエディングドレス
  4. こじるり、エロモード全開! 交際する前に性行為する?→「いたします」の大サービス
  5. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声