実物大νガンダム像、ららぽーと福岡で来年春公開 映画と異なる新デザインに賛否両論(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

実物大νガンダム像、ららぽーと福岡で来年春公開 映画と異なる新デザインに賛否両論

「実物大νガンダム立像」 イメージパース(C)創通・サンライズ
「実物大νガンダム立像」 イメージパース(C)創通・サンライズ

三井不動産、九州電力、西日本鉄道が事業を推進する福岡市博多区の「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」で、2022年春から「実物大ν(ニュー)ガンダム」を展示する計画が15日発表され、ガンダムファンの注目が集まっている。

「νガンダム」は、1988年公開のアニメ映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場して以来、30年以上経った今でも多くのファンに愛され、さまざまな人気ランキングで上位に選出されるモビルスーツ(人型対戦ロボット兵器)。今回建設される実物大νガンダム立像は、映画に登場する「RX-93 νガンダム」をベースとして富野由悠季監督が監修した“新機体”「RX-93ff νガンダム」だ。

三井不動産が展開する商業施設における実物大ガンダム立像は、バンダイナムコグループと連携して建設されており、「三井ショッピングパーク ダイバーシティ東京 プラザ」では12年春から「実物大ガンダム」(現在は「実物大ユニコーンガンダム」)、「三井ショッピングパーク ららぽーと上海金橋(中国)」では今年春から「実物大フリーダムガンダム」が公開中。今回のνガンダムは、九州初の実物大ガンダム立像となる。

建物内では、ガンダムの世界を体感できるエンターテインメント施設「ガンダムパーク福岡」なども計画中で、具体的なコンテンツについては今後公表予定だという。

発表を受け、ツイッターではガンダムファンが大盛り上がり。「地元にνガンダムが!」「福岡の街に最強のνガンダム降臨 これは待ち遠しいよね~」「なんと私の職場のモロ近くに! この機体を朝晩眺めながら通勤出来るとは!」など、特に地元民が朗報に沸き立っている。

  1. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」