iPhone13シリーズ発表 カメラ機能向上にガジェット好き興奮 指紋認証なしには落胆の声(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

iPhone13シリーズ発表 カメラ機能向上にガジェット好き興奮 指紋認証なしには落胆の声

アップルが発表した「iPhone 13」(アップル提供)
アップルが発表した「iPhone 13」(アップル提供)

米IT大手のアップルは日本時間の15日午前2時に開催したオンラインイベントで、複数の新製品を発表した。なかでも主力となるスマートフォンの新型「iPhone13」シリーズには、同日早朝から多くネットユーザーの注目が集まっている。

同シリーズの構成は、標準モデルのほか、小型の「mini」、上位機種の「Pro」、上位機種で大型画面の「ProMax」の4タイプで、従来型の「iPhone12」シリーズを踏襲するラインナップとなっている。

従来型からもっとも強化されたのはカメラの性能。夜間でも鮮明に撮影でき、センサーをシフトさせるタイプの光学式手振れ補正機能も搭載。動画で自動的に人物にピントを合わせ、背景に「ぼかし」を入れる「シネマティックモード」など機能を充実させた。また、省電力の半導体を使い、バッテリーの駆動時間を長くした。上位2機種では1テラバイトの大容量ストレージを内蔵したモデルも用意されている。17日に販売予約受け付けを開始し、24日に発売する。

同日朝のツイッタートレンドでは、1位に「iPhone13」が躍り出て、多くのツイ民の注目が集まっている。

ガジェット好きにとっては、映画のような動画撮影を可能とするカメラ機能が大いに気になるようで、「マクロ機能や、シネマティックモードの撮影が可能になったのは最高!」「シネマティックモードめちゃ気になる」「動画専用機として買うなら有り」などと熱い視線が注がれている。

「個人的な目玉はディスプレイ120Hz」との声が見られるように、リフレッシュレート(画面が更新されるスピード)が従来型の倍に向上した点に注目し、スクロールや動きの激しいゲームアプリでの画面表示が滑らかになることに期待を寄せるコメントもあった。このほか、電池持ちが良くなったことを喜ぶユーザーも見受けられた。

  1. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 森尾由美、感激!長女が結婚 母娘2代で同じウエディングドレス
  4. こじるり、エロモード全開! 交際する前に性行為する?→「いたします」の大サービス
  5. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声