NY株反発、261ドル高 新型コロナ感染減少傾向で

産経ニュース

週明け13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前週末比261・91ドル高の3万4869・63ドルで取引を終えた。米国の新型コロナウイルスの新規感染者数が減少に転じつつあることから、投資家心理が改善し、買いが優勢となった。

経済活動の正常化が進むとの期待が高まった。ダウ平均は前週末まで5営業日連続で下落しており、割安感が出た銘柄を中心に買い戻しが入った。原油先物相場が上昇し、石油株も買われた。

ハイテク株主体のナスダック総合指数は続落し、9・91ポイント安の1万5105・58。

個別銘柄では、医療保険のユナイテッドヘルス・グループや半導体のインテルの上昇が目立った。スポーツ用品のナイキは売られた。(共同)

  1. 値上げしてもよいと思うもの 3位「おむつ」、2位「ビール」、圧倒的1位は?

  2. 竹内結子さんの急死、精神科医らの見解は 「精神的な行き詰まり」「衝動的な可能性も」

  3. 「ちむどんどん」賢三の名を聞いた三郎の反応が…意味深描写に「因縁ありそう」「賢秀を賢三が引き取った?」の声

  4. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  5. 18日OA間宮祥太朗主演「ナンバMG5」第5話あらすじ 少年忍者・小田将聖登場!吟子に勉強を教えるが…