和歌山のパンダ・永明29歳に、27年で子16頭もうける

産経ニュース
29歳の誕生日にプレゼントされた好物の竹を食べるジャイアントパンダの永明=14日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド
29歳の誕生日にプレゼントされた好物の竹を食べるジャイアントパンダの永明=14日午前、和歌山県白浜町のアドベンチャーワールド

和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」のお父さんジャイアントパンダ、永明(えいめい)が14日、29歳の誕生日を迎えた。人間に例えると80代後半だが、まだまだ元気。平成6年、2歳直前で中国から来日して27年、16頭の子をもうけた永明に感謝を込め、園は大好物の竹を多種取りまぜてプレゼントした。

永明は13年、梅梅(めいめい)との間で初めて自然交配による繁殖に成功。20年の梅梅の死後、園生まれの良浜(らうひん)との繁殖も順調に進み、誕生した子の数は昨年11月に生まれた楓浜(ふうひん)までで計16頭に達した。

この日、屋外運動場に出てきた永明は、プレゼントの6種類の竹に近づいたが、少し食べただけ。場内を歩き回り、芝生のあちこちに置かれたリンゴやニンジンを探し、口にしていた。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 佐々木蔵之介が結婚!お相手は一般女性「早々に『完敗宣言』」

  3. 残りあと5話!NHK朝ドラ「ちむどんどん」最終週あらすじ やんばるで食堂を開きたいと考える暢子(黒島結菜)、東京からは房子(原田美枝子)が…

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【ニュースの核心】習主席とプーチン大統領〝共倒れ〟も 中露首脳会談、連携協調も温度差 ロシアの手の内見透かす米国「核のボタン」事前の察知に自信