緊急事態宣言、9月末解除見えてきた 感染減の継続にワクチン2回接種5割超え - イザ!

メインコンテンツ

緊急事態宣言、9月末解除見えてきた 感染減の継続にワクチン2回接種5割超え

 新型コロナウイルスの緊急事態宣言は13日から19都道府県で延長された。医療体制はなおも厳しいが、新規感染者数は減少が続き、ワクチン2回接種率は欧米に追いつきつつある。新たな治療薬も承認の見通しで、月内での宣言解除や11月の行動制限緩和へ、希望も見えてきた。

 12日に報告された国内の新規感染者は7213人で、7月26日以来の水準まで減った。東京都の12日の新規感染者は1067人で21日連続で前週の同じ曜日を下回った。大阪府は1147人で11日連続で前週同曜日を下回った。

 感染者が減っている要因の一つとみられるのがワクチン接種の進展だ。西村康稔経済再生担当相は12日のNHK番組で、2回接種した人の割合が5割を超えたと明らかにした。「このペースが順調に進めば今月末には6割を超えてくる」と指摘、英国やフランス並みの水準になると説明した。11日時点で米国は53%、ドイツが61%、フランスは62%が2回接種を終えている。

 厚生労働省は英製薬大手グラクソ・スミスクラインの治療薬「ソトロビマブ」について、早ければ月内に承認審査を終え、承認する見通しだ。重症化リスクが高い患者に点滴で投与するもので、海外の治験では偽薬を投与した場合に比べ入院や死亡を79%減らす効果が示されている。

zakzak


  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳