長友佑都「最高の状態でプレーしないと、W杯に行けない」FC東京に11年ぶり復帰で会見

サンスポ
オンラインで記者会見する長友。古巣で再起を誓った(クラブ提供)
オンラインで記者会見する長友。古巣で再起を誓った(クラブ提供)

J1のFC東京は12日、日本代表DF長友佑都(35)が2010年以来11年ぶりに復帰すると発表した。7月にマルセイユ(フランス)からの退団が発表されていた。欧州を軸に新天地を探したが、来年のW杯カタール大会を見据え、Jリーグ復帰を決断した。背番号は当時の「5」に原点回帰の意味で「0」を添えた50。

35歳の誕生日に古巣に戻ってきた。11年ぶりにJリーグ復帰を決めたDF長友はオンラインでの記者会見で、こう理由を明かした。

「国内外のチームが興味を示してくれた。その中で僕の大好きなFC東京が熱烈なオファーをくれた。決め手は愛するクラブだから」

明大在学中の2008年にFC東京に入団。10年7月にチェゼーナ(イタリア)からオファーが届くと、「世界一のサイドバック(SB)になって戻ってくる」とサポーターに約束して欧州に旅立った。その後、強豪インテル・ミラノに7年間在籍し、トルコを経て今年7月にマルセイユ(フランス)を退団。「まだ目標を追っている。ここで結果を出して、来年のW杯で達成したい」。35歳になった今も野心は衰えていない。

もっとも当初は「過酷な環境で勝負したい」と欧州でのプレー続行を希望していた。満足のいくオファーが届かず、9月のW杯アジア最終予選は無所属で2試合に先発。初戦でオマーンに0-1と不覚を取り、中国には1-0と苦戦を強いられた。「最高の状態でプレーしないと、W杯に行けないという危機感も出てきた。代表のことも含めての決断」。自身4度目のW杯出場への思いに背中を押されたのも理由の一つで、出番が見込める古巣を選んだ。

森保ジャパンに対する批判が渦巻いている現状にも、「批判はむしろ仙豆みたいなもので、もっと下さい」と言う。仙豆とは人気漫画「ドラゴンボール」に登場する架空の豆で、一粒食べると満腹になり、けがも回復するという代物。逆風を力に変えて、代表もJリーグも活性化させる。

  1. MEGA地震予測「いま最も危ない」3ゾーンはここだ! 村井氏「震度6程度が1~2月に発生する可能性」

  2. 中国に「大変失望した」 WHOテドロス事務局長が表明

  3. 広島・長野、約8000万円の超高級車で球場入り「最高です」

  4. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終