球界ここだけの話(2445)

元広島・ジョンソンさん、カープ愛はホンモノ

サンスポ
引退セレモニーで石原と抱き合うジョンソン=マツダスタジアム
引退セレモニーで石原と抱き合うジョンソン=マツダスタジアム

カープ愛はホンモノだった。元広島投手のクリス・ジョンソンさん(36)のことだ。8月に現役引退を発表後、エースの大瀬良大地投手(30)に熱いメッセージを送っていた。

「君のキャリアはまだまだ続く。しっかり自分を信じていれば、大丈夫だ。頑張ってほしい」

球団によると、7─8月の東京五輪で米国代表としてプレーをする打診を受けたが「カープの一員だったことをファンの皆さんに覚えておいてほしい」との理由で辞退。その熱いエピソードに鯉党の胸は熱くなった。

感銘を受けた大瀬良は職員からジョンソンさんの連絡先を聞いて「ありがとう」と英語で感謝をつづった。ジョンソンさんから「ありがとう」との返信があり、何度かやり取りをしていく中で激励の言葉を受け取った。

メジャー経験もあるジョンソンさんは2015年に初来日し、1年目に14勝を挙げ最優秀防御率(1・85)のタイトルを獲得。2年目の16年には15勝&防御率2・13で25年ぶりのリーグ優勝に貢献した。その年外国人投手では1964年のバッキー(阪神)以来史上2人目の沢村賞を受賞。通算57勝は球団外国人投手最多で16─18年のリーグ3連覇時の先発陣を引っ張った。

昨年引退した元捕手の石原慶幸さん(42)とのコンビで通算57勝のうち56勝を積み重ね、黄金バッテリーとしての印象を残した。ジョンソンさんは「イシ」と慕い、昨年11月の石原さんの引退セレモニーの際にはグラウンド上で熱い抱擁を交わし感動を誘った。ジョンソンさんもその年に広島を退団し、他球団に所属することなく今夏に引退を発表した。

「一番のすごさはここぞのところで高さ、コースでミスをしない。どういう状況でもベストな球を淡々を投げ続けるすごさはとんでもない」と大瀬良。6年間で通算128試合に登板し、57勝37敗、防御率2・76。赤ヘル助っ人史に残る功績は色あせることはない。(柏村翔)

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…