北朝鮮、「敵対的勢力」へ抑止手段 巡航ミサイル試射で

産経ニュース
9月11、12両日に行われた新型長距離巡航ミサイルの発射実験とみられる写真。朝鮮中央通信が9月13日配信した(朝鮮中央通信=共同)
9月11、12両日に行われた新型長距離巡航ミサイルの発射実験とみられる写真。朝鮮中央通信が9月13日配信した(朝鮮中央通信=共同)

【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は13日、北朝鮮の国防科学院が11、12両日に新型の長距離巡航ミサイルの試験発射を「成功裏に行った」と報じた。ミサイルは領空に設定した楕円(だえん)と8の字型軌道に沿い、2時間6分20秒にわたって1500キロ飛行し、標的に命中したとしている。

飛距離が1500キロなら日本の大半が射程に入り、日本への軍事的脅威が一層高まることになる。北朝鮮によるミサイル試射の発表は3月25日の弾道ミサイル発射以来、約半年ぶり。

同通信は、今回の開発が「敵対的な勢力」による反北朝鮮の軍事的動きを制圧する効果的な抑止手段を保有する戦略的意義を持つと強調しており、米国に対抗した軍備増強を内外に見せつける狙いとみられる。

一方、巡航ミサイルの試射は弾道ミサイルと違って国連安全保障理事会の決議違反には当たらない。北朝鮮は領土・領海上空での試射を主張しており、米国との緊張激化を避けた形だ。

14日には、訪日した米国のソン・キム北朝鮮担当特別代表が外務省の船越健裕アジア大洋州局長らと北朝鮮問題をめぐる日米韓の高官協議を開く予定だが、有効な手立てが打ち出せる見込みは高くない。

今回の試射に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記は立ち会わなかったもようで、試射を視察した朴正天(パク・チョンチョン)党書記は「国防部門が成し遂げた画期的な成果だ」と称賛し、「国の防衛力、戦争抑止力を強化する事業に一層邁進(まいしん)すべきだ」と述べた。

北朝鮮は、試射を通じてターボファンエンジンの推力や飛行制御性、複合的な誘導技術による命中精度が設計上の要求を全て満たしたともしている。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判