元阪神・ブラゼル氏が佐藤輝を解析&エール スランプから学べ「プロの攻め」に適応する番

サンスポ
空振り三振に倒れる阪神・佐藤輝明
空振り三振に倒れる阪神・佐藤輝明
元阪神・ブラゼル氏。アラバマ州オーバーンの自宅にて
元阪神・ブラゼル氏。アラバマ州オーバーンの自宅にて

ブラゼルから輝へ-。2009-12年に阪神に在籍し、4年間で91本塁打を放ったクレイグ・ブラゼル氏(41)が米アラバマ州オーバーンの自宅で阪神のドラフト1位・佐藤輝明内野手(22)を〝解析〟。23本塁打を放ちながら、球団日本選手ワースト151三振を喫し、35打席連続無安打で今月10日に2軍落ちとなった黄金ルーキーへ、同じ左の大砲として「今度は彼が(相手の攻めに)適応する番だ」など、熱くエールを送った。(取材=丹羽政善通信員)

■始動が早い 「引きつけて」という形が不十分 阪神の結果はもちろん気にしている。先日の巨人戦(3-5日)の映像はネットとかで見た。甲子園も凄い盛り上がっていたなぁ。あの雰囲気は懐かしい。東京五輪は無観客だったから、ちょっと違和感があったけど。もう大丈夫なのか?

(佐藤輝については)普段から見ているわけではないから、はっきりしたことは言えないが、映像を見る限り、いくつか気づくことはある。まず、センスの良さは感じさせる。ルーキーだろ? それでこのレベルなら伸びしろがある。

ただ、最近の打席を見ると、始動が少し早いかな。しかも、ボール球を追いかけるような形になっている。これを見る限り、引きつけて、という形が不十分だ。ホームランを狙っているようにも見えるし、パワーはあるんだから、強い打球を打てれば狙わなくても飛距離が出るはずなのに。

自分にも、こういう時があった。そんなとき片岡(篤史打撃)コーチが『センターから左中間を狙え』とアドバイスをくれた。実際、そういう意識で打席に立っているときのほうが、本塁打になることが多かった。

  1. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. ホールケーキ完食強制も…毒親に育てられた東大卒マンガ家の壮絶体験