朝ドラあすの「おかえりモネ」9月14日第87話あらすじ 社長の安西から「地元に帰るのか?」と問われる百音 - イザ!

メインコンテンツ

朝ドラあすの「おかえりモネ」9月14日第87話あらすじ 社長の安西から「地元に帰るのか?」と問われる百音

永浦百音(清原果耶)と菅波光太朗(坂口健太郎) (C)NHK
永浦百音(清原果耶)と菅波光太朗(坂口健太郎) (C)NHK

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育ったヒロインの永浦百音が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」(NHK総合など)。女優・清原果耶が主演を務める同作の第87話が14日、放送される。

ドラマは第18週「伝えたい守りたい」(86~90話)が放送中で、2019年9月、百音の24歳の誕生日を控えたある日、百音たちが活動をサポートする車いすマラソン選手の鮫島祐希(菅原小春)の代表選考レースが行われ、鮫島が、ついに国際大会の代表の座を手にした。

一方、新しいビジネスに精力的な気象予報士の朝岡覚(西島秀俊)は、今度は一般の人から天気の情報を集めるアプリの運用を始めていた。その数日後、百音も、自身が考えた企画を勤務する「ウェザーエキスパーツ」の社長、安西和将(井上順)にプレゼン。百音が提案した企画は「あなたの町の気象予報士 全国津々浦々計画」というものだった。

また、地域医療に専念するため、上京前に百音が暮らしていた宮城県登米市に移住した医師の菅波光太朗(坂口健太郎)は百音に連絡を入れ、「来週、東京に行きます」と告げる。百音の同僚の神野マリアンナ莉子(今田美桜)は「プロポーズされるんじゃない?」と騒ぎたてた。

第87話で、百音が提案した企画の中身が明らかになる。百音は、プレゼンで、地域の産業や医療などと連携する密着型の予報士の必要性を力説。安西は百音に「採用になったら、地元に帰るのか?」と確認する。

その一方、ニュース番組「あさキラッ」気象コーナーの責任者、高村沙都子(高岡早紀)から、メインキャスターを務めるマリアンナが、ある大事な相談を受ける。

その数日後、過去にあまり例がないほどの大型台風12号が、日本列島に近づいていた。


  1. 「日本企業は出ていくのか?」 危機感強める中国当局
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人
  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」