町田啓太演じる土方、壮絶激闘予告に「泥と血にまみれても美しい」「来週しっかりと見届けます」の声 - イザ!

メインコンテンツ

町田啓太演じる土方、壮絶激闘予告に「泥と血にまみれても美しい」「来週しっかりと見届けます」の声

町田啓太演じる土方歳三(右)と渋沢喜作(高良健吾) (C)NHK
町田啓太演じる土方歳三(右)と渋沢喜作(高良健吾) (C)NHK

NHK大河ドラマ「青天を衝け」の第26話が12日、放送され、次回(第27話、19日放送)予告で、俳優・町田啓太演じる土方歳三の壮絶な激闘シーンが紹介された。土方は箱館で新政府軍と戦っており、その結末が27話で描かれると思われる。SNSには放送前から「来週いよいよ…」「もう一週見られる!」など、“町方”ファンからの書き込みが相次いでいる。

俳優・吉沢亮が主演を務め、新一万円札の顔ともなる実業家、渋沢栄一の人生を描く「青天を衝け」。土方は、池田屋事件で功績を挙げた新選組の副長。江戸幕府の幕臣になった栄一と職務を通じて出会い、同じ農民出身ということもあって意気投合した。鳥羽・伏見の戦いで敗れるが、官軍に抵抗して各地を転戦。栄一の従兄、喜作(高良健吾)らと箱館に渡り、占領した五稜郭を拠点に新政府軍と戦っている。

町田演じる土方はとにかく視聴者からの評判がよく、画面に登場するたびにSNSに「大河ドラマ史上最高の土方歳三」「大河ドラマ史上1番カッコイイ土方歳三ですね」「史上最強の土方歳三」などの声が殺到。第26話も出番はワンシーンのみだったが、「町田啓太さんの土方歳三が観たくて青天みてる」「一瞬やったけど、立ち姿のなんて美しいこと」「一瞬だったけどかっこ良かった土方さん」「声の色気がすごい!立ち姿が美しい!」といったツイートが寄せられた。オープニングテーマでのキャスト紹介の「番手」も話題になり、この日の町田は、草なぎ剛(徳川慶喜役)の次にその名前が表示された。ツイッターは「慶喜様の次に名前がーーーー!!」「OP草なぎ剛のあとの町田啓太はヤバい」「草なぎ剛のクレジットの後に町田啓太のクレジット!!最高!!」などと沸き立った。

土方歳三(町田啓太、左)と渋沢喜作(高良健吾) (C)NHK
土方歳三(町田啓太、左)と渋沢喜作(高良健吾) (C)NHK
左から渋沢栄一(吉沢亮)、土方歳三(町田啓太) (C)NHK
左から渋沢栄一(吉沢亮)、土方歳三(町田啓太) (C)NHK

予告での土方は、顔中、血と泥にまみれ、「生きて日の本の行く末を見届けろ!」と絶叫。その後、同志の喜作が泣き叫ぶシーンも放送された。大河ファンの想像を膨らませる内容に、SNSには「泥と血にまみれても美しい(号泣)予告」「予告での町方様に涙…」「来週はいよいよ…辛いけれどしっかりと見届けます」「俺たちの町田啓太~~来週泣いてしまう」「やだよやだよ土方さまあああああ」といった声が相次いでいる。


  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」