松本潤主演映画「99.9」に榮倉奈々、木村文乃ら連ドラレギュラー陣集結 「おかえり」「同窓会みたい」とファン沸き立つ(1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

松本潤主演映画「99.9」に榮倉奈々、木村文乃ら連ドラレギュラー陣集結 「おかえり」「同窓会みたい」とファン沸き立つ

左から、榮倉奈々(撮影・鴨川一也)、木村文乃(撮影・北野浩之)
左から、榮倉奈々(撮影・鴨川一也)、木村文乃(撮影・北野浩之)

嵐の松本潤が主演する映画「99.9―刑事専門弁護士―THE MOVIE」(木村ひさし監督、12月30日公開)に、女優の榮倉奈々、木村文乃ら連ドラシリーズのレギュラー陣10人が集結することが13日、映画の公式サイトで発表された。これを受け、ツイッターやヤフーリアルタイム検索のトレンド上位に榮倉の名や、「映画999」「深山と愉快な仲間たち」と言ったハッシュタグが複数ランクインして、ドラマ版のファンが歓喜に沸いている。

2016、18年に放送されたTBS系連ドラの初映画化で、99.9%の確率で有罪になるといわれる刑事事件に、松本扮する型破りな刑事専門弁護士・深山大翔(みやま・ひろと)らが挑む。

シーズン1でプロレス好きの“パッツン前髪”こと立花彩乃弁護士を演じた榮倉は、映画の公式サイトに寄せたコメントで、「また深山先生のダジャレが聞ける日がとても楽しみ」と公開が待ちきれない様子。シーズン2で元裁判官の尾崎舞子弁護士を演じた木村は、「長い間一緒にいた顔ぶれなので、どこか地元に帰ってきたような安心感も混ざり合った感覚でした」と撮影を振り返った。

このほか、ドラマ版のレギュラー陣から青木崇高、笑福亭鶴瓶、奥田瑛二、岸部一徳、岸井ゆきのらが続投。同日公開されたポスターと本予告映像でも、これらキャストの姿が確認できる。

この発表を受け、ツイッターやネットニュースのコメント欄にドラマ版のファンが集結。2月の映画化発表時から、ヒロイン続投のリクエストが多かったこともあり、「木村文乃と榮倉奈々さん2人出るのはすごい」「胸アツすぎる!」「出ないと思って諦めてた!!最高じゃん!!!」などと喜ぶ声が多く寄せられている。

  1. おかえりモネ、部屋から出た「宇田川さん」に膨らむ視聴者の予想「ブッキー説を提唱」「宇田川さんは妻夫木でしょ?」の声
  2. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  3. 【大韓航空機爆破30年】実行犯の金賢姫元工作員インタビュー 「めぐみさんは金正日一家の秘密を知ってしまった」
  4. NHK大河ドラマ「青天を衝け」9月19日第27話あらすじ 駿府の財政改革に乗り出す栄一、箱館では喜作と土方が…