稲見萌寧が4大大会初制覇 強さの秘密は“オンとオフ” 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯 - イザ!

メインコンテンツ

稲見萌寧が4大大会初制覇 強さの秘密は“オンとオフ” 日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯

同組で回った元女王の大山(左)も稲見の強さを絶賛
同組で回った元女王の大山(左)も稲見の強さを絶賛

 ■国内女子ゴルフ「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」最終日(12日、茨城・静ヒルズCC三重=6680ヤード、パー72)

 揺ぎない強さだった。稲見萌寧(21)が、1打差2位からの逆転優勝で4大大会初制覇である。

 1番(パー4)で3メートルのバーディーを沈めて首位タイとし、4番(パー3)で8メートルをねじ込んで単独首位へ。大山志保(44)に一時並ばれたが、9番(パー5)で70センチのOKバーディーで再びトップに返り咲くと、後は“一人旅”だった。

 以前から「圧倒的な強さを見せつけたい」と話していたが、後半も4つスコアを伸ばしノーボギーの64。通算19アンダー、269ストロークの大会新記録だった。

 オフにはキックボクシングを取り入れるなど肉体強化を行った。「不安だから…」という練習の虫でもある。そんな高い意識が強さの秘密だ。

 最終日同組で回ったツアー通算18勝の大山は「ショットの精度、コントロール、アプローチも私が思い描いているショットを打っていた。パッティングもここぞというときに入れてくる」と分析。技術の高さを称えたが、それだけではない。

 「プレーとそうでないときの、“オン“と”オフ”の切り替えがすごい。とにかく集中力がすごい」。絶賛である。

 これに対して稲見はこう答えた。「ずっとカチコチに集中していたら、疲れちゃうでしょ。私、学校時代でも勉強と遊びを割り切ってやっていた。練習でも一心に集中するときと、遊びを入れたりするときがある」。ナルホドである。

 稲見の強さは際立つ。春は開幕から8戦消化した時点で4勝と周囲を驚かせ、夏は五輪で銀メダリスト。秋になって4大大会初制覇、そして今季8勝目(通算9勝)を挙げた。獲得賞金も2億円越え(2億572万9149円)で、小祝さくら(23)を抜いて女王に。“強き女”の存在を誇示している。

 ちなみにシーズン最多勝は2003年の不動裕理の10勝。残り11試合、もしかして…。それにしても、ほかの選手がだらしないともいえるけど?! (清水満)

zakzak


  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. ファーウェイCFO逮捕でバレてしまった「中国という国の本質」
  3. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」
  4. 【住宅クライシス】タワマン管理契約と修繕工事の深い関係