【さらば千葉真一 魅せたサムライ魂】『戦国自衛隊』 作品への思い強く「続編をやりたい」と語っていた - イザ!

メインコンテンツ

さらば千葉真一 魅せたサムライ魂

『戦国自衛隊』 作品への思い強く「続編をやりたい」と語っていた

制作発表は千葉(右から2人目)らが鎧甲冑姿で臨んだ
制作発表は千葉(右から2人目)らが鎧甲冑姿で臨んだ

 歴史は俺たちに何をさせようとしているのか-

 角川映画らしい鮮烈なCMとキャッチコピーを記憶している人も多いと思う。1979年公開の『戦国自衛隊』は、千葉真一デビュー20周年記念作品だ。

 日本海側での演習に向かった伊庭三尉(千葉真一)ら21人は突然、不思議な光に照らされ、戦国時代にタイムスリップしてしまう。いきなり襲撃され、弓で仲間を殺され、重火器で応戦。敵をなぎ倒すさまを目撃した長尾景虎(のちの上杉謙信、夏八木勲)に「同族じゃ」と言われて意気投合した伊庭は、最新兵器を駆使して景虎を助け、勝利を得た。やがて景虎と天下を狙いたいと考え始めた伊庭は、川中島で武田信玄(田中浩)の2万の敵兵と激突する。

 原作は半村良のSF小説。ジープ、装甲車、戦車も繰り出し、広大なロケ地でのド迫力のアクションシーンが続く。この映画のためにレプリカの戦車を製作したというのもすごい話。初めてアクション監督を務め、自ら撮影もした千葉さんは大張り切りだ。伊庭と景虎が馬で疾走しながら、銃と弓で同じ的を狙うなんてことは朝飯前。伊庭は高速ヘリにロープ1本でつかまって飛び、武田勝頼役の真田広之は地上からヘリにぶら下がって操縦者を抹殺、味方が広げた旗に飛び降りるという離れ業を見せた。

 見せ場のひとつは、伊庭に反抗する矢野陸士長(渡瀬恒彦)一派との対決だ。武器を駆使して村人たちを殺戮(さつりく)する矢野たちは狂気に走っているように見える。だが、伊庭もまた戦にとりつかれたように「俺は戦うために行く。天下を獲るために行く」と宣言。平和を望む部下と対立する。

 アクション時代劇の印象が強いが、実は『俺たちの旅』で知られる斎藤光正監督・鎌田敏夫脚本による青春群像劇でもある。現代に恋人(岡田奈々)を待たせる菊池(にしきのあきら)、村娘みわ(小野みゆき)と恋に落ちる三村(中康次)、命を散らした若い隊士たちと野望を抱いた伊庭らの末路が、切ない松村とおるの主題歌『戦国自衛隊のテーマ』、ジョー山中の『ララバイ・オブ・ユー』と響き合う。

 千葉さんのこの作品への思いは強く、取材の際に「続編をやりたい」と語っていた。どんな時代のどんな場面にタイムスリップしたかったのか。聞けないのが残念でならない。 (時代劇コラムニスト)

 ■戦国自衛隊 1979年12月15日公開。その後、米国や西ドイツ、フランスなど海外でも公開されている。8000万円かけてつくられた61式戦車はその後の作品にも流用されている。

zakzak

  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  3. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  5. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳