アスリートイメージ総合ランキング 「羽生結弦」や「久保建英」を抑えて1位になったのは? - イザ!

メインコンテンツ

アスリートイメージ総合ランキング 「羽生結弦」や「久保建英」を抑えて1位になったのは?

ITメディア
どんなアスリートがランクインしたのか(画像はイメージ)
どんなアスリートがランクインしたのか(画像はイメージ)

博報堂DYメディアパートナーズ(東京都港区)は、「アスリートイメージ評価調査」の結果を発表した。

この調査は、CMキャスティングの際に使用する基礎データとして活用することを目的としており、アスリートの認知や好意度といった29項目で評価した。

2021年8月に調査をしたアスリートイメージ総合ランキングの結果(出所:リリース)
2021年8月に調査をしたアスリートイメージ総合ランキングの結果(出所:リリース)

アスリートイメージ総合ランキングの1位は大谷翔平(野球)、2位は羽生結弦(フィギュアスケート)、3位は久保建英(サッカー)、4位は池江璃花子(水泳)、5位は清水希容(空手)という結果に。21年3月に発表した同調査では、1位が羽生結弦で、大谷翔平は4位だった。米大リーグで活躍する大谷翔平が順位を上げてトップとなった。

2021年3月に調査をしたアスリートイメージ総合ランキングの結果(出所:リリース)
2021年3月に調査をしたアスリートイメージ総合ランキングの結果(出所:リリース)

「知性的な」アスリート1位は羽生結弦、2位が清水希容、3位が稲葉篤紀(野球)、4位が水谷隼(卓球)、5位が大谷翔平だった。同社はこの結果について、「これまでの羽生選手の実績によるものと考えられる」としている。

「明るい」アスリート1位は入江聖奈(ボクシング)、2位が伊藤美誠(卓球)、3位が阿部詩(柔道)、4位が西矢椛(スケートボード)、5位が村上茉愛(体操)で、女性アスリートが上位を占めた。

今回の調査は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県に住む15~69歳の男女を対象にインターネット上で実施した。調査期間は8月23~24日で、有効回答数は600。

関連記事
  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声