仕事で「評価されていない」と感じる20代は約半数 「評価されている」と感じるときベスト3は? - イザ!

メインコンテンツ

仕事で「評価されていない」と感じる20代は約半数 「評価されている」と感じるときベスト3は?

ITメディア
20代は会社の評価を実感していない?(画像はイメージ)
20代は会社の評価を実感していない?(画像はイメージ)

20代専門転職サイトを運営する学情(東京都千代田区)は、20代のビジネスパーソンを対象に「評価」に関する調査を実施した。仕事で評価されていると実感できているか聞いたところ、「実感していない」「どちらかといえば実感していない」と回答した20代が48.2%に上ることが分かった。

仕事で評価されていると感じるときを尋ねると、最も多かったのは「上司から褒められたとき」(53.1%)、次いで「昇給したとき」(31.0%)、「責任ある仕事を任されたとき」(28.1%)だった。上司とコミュニケーションをとったときや、給与や業務内容に仕事への評価が反映されたときに評価されたと感じることが多いようだ。

テレワークで評価に関して課題を感じたことがあるか

また、テレワークで評価に関して課題を感じたことがあるか聞くと、「どう評価されているか分からない」と回答した20代が40.9%に上った。昨年の同調査と比較すると8.1ポイント減少したが、テレワーク時の評価に不安を感じている20代はまだ多いことが分かった。

「どう評価されているか分からない」と答えた20代からは、「テレワークでは明確な評価制度が必要だと思う」「業務の指示を受ける場面は多いものの、フィードバックを受ける機会は少ない」という不満の声が聞かれた。

テレワークで業務を進める際に不安な点は?

テレワークで業務を進める際に不安な点は何か聞いた。1位は「オンオフの切り替えが難しい」で50.7%、次いで「同僚とのコミュニケーションが減る」が47.9%、「運動不足になる」が43.7%だった。

コロナ禍でテレワークの導入・定着が進んでいるが、オフィスで仕事をするときと比べ、仕事のプロセスや評価が見えにくく、20代のビジネスパーソンは不安を感じていることが分かった。

企業の働き方改革を支援するあしたのチーム(東京都中央区)が20年4月に発表した調査結果によると、テレワーク時の部下の人事評価について、「オフィス出社時と比べて難しい」と答えた管理職が73.7%にも上った。評価をする側も、テレワーク時の人事評価の難しさを感じていることが明らかになった。テレワークを続けていく中で、評価制度の運用についての模索が続きそうだ。

今回の学情の調査は、20代専門転職サイト「Re就活」へのサイト来訪者を対象に、インターネット上で実施した。期間は21年7月30日~9月1日、有効回答数は303人。

関連記事
  1. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  2. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  3. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  4. 小泉進次郎氏「妻に申し訳ない」 クリステルさん名義の巨額資産公開で
  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は