ハーブと暮らす

秋に育てるなら「セリ科」

産経ニュース

ハーブ園芸の愛好家にとっては年に2回、盛り上がるシーズンがあります。一つは春のゴールデンウイークで、もう一つが間もなくやってくる秋の連休の頃です。

ホームセンターに行くとハーブの品ぞろえがいつもより充実していると思います。なかでもセリ科のハーブは、これから育て始めるのにおすすめです。

パクチー、イタリアンパセリ、チャービルや、ディル、フェンネルなどで、茎がやわらかくて葉がふさふさしている点が特徴です。涼しくなる9月半ばを過ぎたころから苗を買ってプランターなどに植えておくと、およそ3カ月間、収穫ができます。彩りが鮮やかなので、サラダやスープなどの具やトッピングになります。

華やかな香りのものが多いのもセリ科のハーブならでは。料理やデザートに添えると、いつもの家庭料理がレストランで味わうようなひと皿に変わります。

外食がなかなかできない今、食卓で活躍すること間違いなしです。

(ハーブコンシェルジュ 小早川愛)

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 鬼束ちひろ「救急車蹴って逮捕」発端は「パチンコ店での友人のけいれん」だった

  3. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. イザ!編集部座談会:朝ドラ「カムカムエヴリバディ」気になる役者は?今後の展開も予想!