巨人の急失速を招いた8・31“岐阜の夜” 9月まだ1勝で守護神・ビエイラまで離脱の非常事態 - イザ!

メインコンテンツ

巨人の急失速を招いた8・31“岐阜の夜” 9月まだ1勝で守護神・ビエイラまで離脱の非常事態

 巨人は9日のDeNA戦(横浜)で9回に3点差を追いつき、その裏のサヨナラ負けの危機も乗りきって、引き分けで辛くも3位転落を免れた。阪神から首位を奪って今月に入ったものの、チームは1日に勝ったきり4敗3分と白星がない。大ブレーキを招いた誤算は10日前、8月最後の夜から始まっていた。楽勝ムードからの暗転が阪神との首位攻防戦での2位転落につながり、果ては守護神チアゴ・ビエイラ投手(28)の離脱という非常事態にまで発展した。 (片岡将)

 4連敗で迎えたこの日の試合前、巨人をさらなる逆風が襲った。ビエイラの出場登録抹消が公示され、原辰徳監督(63)は「そんなにひどくないと思うんですが、いると使いたくなる投手だから。それだったら10日間の猶予の中で、コンディションを整えてもらおうという選択をしました」と説明。最短の10日間での復帰を希望した。

 ビエイラは5月3日から無失点リリーフを続け、6月下旬には流動的だった抑えに定着。ゼロ行進を続けて7、8月の月間MVPにも選ばれた。9月1日のヤクルト戦(京セラ)で連続無失点の球団記録を32試合まで伸ばし、チームの首位浮上に大きく貢献した。

 だが、前夜8月31日の同カード(岐阜)で起きた誤算が後々、大きく響くことになる。打ち合う展開からリードを5点まで広げ、原監督が8回のマウンドに送ったのはビエイラに抑えの座を譲ったルビー・デラロサ投手(32)だった。ところが5連打を浴びて2点差まで迫られ、1死も取れずKO。緊急登板の中川がしのぎ、9回はビエイラが10-8の乱打戦に終止符を打ったが、ここから守護神は3連投する羽目に。その3戦目、9月2日の同カードで約4カ月ぶりに1点を奪われ、無失点記録はストップしたのだった。

 原監督は3日連続での登板を避ける運用を基本としてきたが、優勝争いのライバルとの直接対決で禁を破ることに。その甲斐あって、春先から首位を走ってきた阪神と順位を入れ替え、3日からの首位攻防戦(甲子園)に乗り込んだ。

 初戦は静養のためビエイラをベンチから外したが、7回に先発戸郷をピンチでも引っ張ったせいで逆転負け。2戦目は1点リードの9回にビエイラを投入も、大山にまさかのサヨナラ逆転2ランを食らった。3戦目も同点の9回にマウンドに送ったが、1死一、三塁とあわやサヨナラ負けのピンチを辛くも逃れた。

 この登板を最後に守護神はベンチに入らず、ついに“ダウン”。岐阜の夜にデラロサを炎上させたヤクルトの猛攻が、ボディーブローのようにじわじわと巨人ブルペンにダメージを広げた格好だ。

 セ球団のスコアラーは「阪神とヤクルトは小躍りしてるんじゃない? 今の巨人は先発も弱いけど、ビエイラさえ来なければ終盤の3点差くらいであきらめる必要なんて全くない」とニンマリ。当のヤクルト関係者も「正直、ビエイラには苦手意識があった。岐阜の試合から回り回って、思わぬ形とはいえ離脱になり、これから倒すのはだいぶ楽になる」と話す。

 この日もビエイラを欠く巨人の救援陣は、デラロサが2失点と相変わらず精彩を欠き、同点の9回も無死二塁から相手の拙攻にも助けられ、サヨナラ負けを逃れた。それでも今季ワースト4連敗はまだ止まっていない。首位奪取の歓喜で締めくくった8月から一転、9月の早々から正念場を迎えている。

zakzak

  1. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は
  2. 次の自民党総裁にふさわしいのは誰? 高市前総務相が衝撃の「81%」 菅首相の11・9%を7倍近く引き離す 夕刊フジ・zakzak緊急アンケート
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. コロナ、経済対策、外交…新総裁適任は? 識者に聞く
  5. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」