DeNAのD2位・牧秀悟が球団新人史上3人目となるシーズン100安打

サンスポ
8回、DeNA・牧秀悟が中前打。シーズン100安打に到達した=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)
8回、DeNA・牧秀悟が中前打。シーズン100安打に到達した=横浜スタジアム(撮影・矢島康弘)

(セ・リーグ、DeNA―巨人、18回戦、9日、横浜)DeNAのD2位・牧秀悟内野手(23)が球団新人史上3人目となるシーズン100安打に到達した。

八回2死で打席に入ると、デラロサが投じた初球の149キロの速球を振り抜いた。打球は中前へ弾み、Hランプが灯った。球団では1959年に117安打を放った桑田武以来62年ぶりとなるシーズン100安打到達。球団新人記録を次々に塗り替えている黄金ルーキーがまた一つ、大台に達した。

  1. 命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

  2. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  3. 20年前の主婦殺害で逮捕の男、事件後も福山市内で生活

  4. 小室さん母親の元婚約者がコメント、トラブル「早く解決したい」

  5. 秋篠宮ご夫妻、結婚のあいさつお受けに 小室さんから