おかえりモネ、どうなる?マモちゃんVSマリアンナ “莉子派”NHK高瀬アナに「実感こもってるw」の声 (1/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

おかえりモネ、どうなる?マモちゃんVSマリアンナ “莉子派”NHK高瀬アナに「実感こもってるw」の声

神野マリアンナ莉子役を演じる今田美桜 (C)NHK
神野マリアンナ莉子役を演じる今田美桜 (C)NHK

現在放送中のNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で繰り広げられている、“ある2人”のバトルの行方が、ネットユーザーたちから注目を集めている。それは、物語の主人公、永浦百音(清原果耶)の同僚、神野マリアンナ莉子(今田美桜)と内田衛(清水尋也)による勝負。ネットには、マリアンナを応援する視聴者からの声が目立ち、「頑張れ!」「一皮むけるチャンスだ」といったツイートが数多く寄せられている。

宮城県の気仙沼湾沖の島で生まれ育った主人公の永浦百音(清原果耶)が天気予報の魅力を知り、気象予報士として成長していく姿を描く「おかえりモネ」。ドラマは第17週「わたしたちに出来ること」(81~85話)が放送されており、9日放送の第84話で、百音が中継キャスターを務めるニュース番組の気象コーナーで、内田がメインキャスターに就任し、同コーナーが、マリアンナと内田の2人が日替わりでメインを務める体制になった。

もともとこの気象コーナーは、百音に気象の魅力や奥深さを伝えた朝岡覚(西島秀俊)がメインを担当していたが、彼の“卒業”を受け、中継キャスターだったマリアンナが昇格する形に落ち着いた。気合が入ったマリアンナだったが、彼女がメインを務めるようになってからコーナーの視聴率が低下するという問題が発生。その打開策として、朝岡が、百音の同僚、内田をメインに据える案をテレビ局に持ちかけた。朝岡はもちろんマリアンナのことを応援しており、これはマリアンナが成長するために与えた朝岡なりの試練だった。

一方、内田本人にそんな野心はないのだが、視聴者の人気は内田が一歩リード。これまでのところ、視聴率も視聴者からの応援メッセージも内田が上回っている。第84話では、ついにマリアンナの怒りが爆発。テレビ局の休憩室で「あ~もう!こんな内田くんの人気爆上がりしてたら、私なんかダメじゃん!」と絶叫した。その後、マリアンナは、百音の下宿先である銭湯の「汐見湯」を訪問。悩みを聞く百音の前で、ハッピーに生きてきた自分をおとしめるような発言をするほど落胆した。

  1. みずほは「F」「D」「I」に3分裂か OBに根強い旧行意識
  2. 野田氏「夫を信じている」 週刊誌報めぐり
  3. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声
  4. 河野氏の年金改革案めぐりバトル勃発 「大増税」の可能性も…野田氏「保険料を払っている人があなたの発言で非常に不安になる」
  5. 菅首相から「聖子ちゃん、権力に近いところに来なさい」 野田氏が幹事長代行に就いた内幕を披露/総裁選