椎名桔平&原田知世が再婚秒読み 新生活に向けた“愛の巣”リフォームも完了 - イザ!

メインコンテンツ

椎名桔平&原田知世が再婚秒読み 新生活に向けた“愛の巣”リフォームも完了

ポストセブン
椎名桔平と原田知世が急展開。付かず離れずを繰り返すふたり。マスク越しでもわかる笑顔で話していたのが印象的
椎名桔平と原田知世が急展開。付かず離れずを繰り返すふたり。マスク越しでもわかる笑顔で話していたのが印象的

熱愛スクープから約3か月。芸能界に生まれたビッグカップルの恋の行方に急展開だ。ほぼ同棲状態にあり、住居の劇的リフォームまでしていた。その裏にはある決意があったようで──。

夏の終わりを告げる寒気が東京を覆った9月上旬の夜のこと。マスク越しにも美男美女とわかる熟年カップルが、東京都内にある老舗焼き肉店を訪れた。座敷席に通されると、ごく自然に席の奥に男性が、手前に女性が座る。

何を言わずとも、女性がさっと手を挙げ店員を呼んで注文する様子は、まるで長年連れ添った夫婦のよう。行きつけの店なのだろう、注文を取りに来た店員とも仲よく話し、店を出る際も名残惜しそうに会話を楽しんでから、ふたり寄り添いながら家へと帰っていった──このふたり、椎名桔平(57才)と原田知世(53才)である。

「緊急事態宣言中ということもあって、ノンアルコールビールでサクッと焼き肉を楽しんだようです。椎名さんが30年近く通っている店で、原田さんは椎名さんと交際を始めて何度か来るようになったそうですが、もうすっかり“なじみ客”になっているようですね」(ふたりの共通の知人)

今年6月に『FRIDAY』(講談社)が“焼き肉デート”を報じてから3か月近く、ふたりの交際はいたって順調のようだ。きっかけは2018年放送の『連続ドラマW 不発弾~ブラックマネーを操る男~』(WOWOW)での共演だった。

「ふたりはこれが初共演。若い頃から原田さんの大ファンだったという椎名さんはかなり緊張気味でしたが、裏では共演する女優さんにまで『原田さん、本当にきれいだよね~』なんて話していました。彼はもともと運命論者ですから、原田さんと共演できたのも運命と感じて、一途な想いを深めていったようです」(ドラマ関係者)

椎名は2003年、世界的ファッションデザイナーの山本寛斎さん(享年76)の娘で女優の山本未來(46才)と結婚し、2010年には男児をもうけたが2019年に離婚。原田も2005年にイラストレーターのエドツワキ氏(55才)と結婚したが、2013年に離婚している。

「椎名さんと原田さんの本格的な交際は今年に入ってからのようですが、ふたりの関係性はもう出来上がっているように見えますね。いい意味で気を使わず、ありのままでいられる関係なのでしょう」(芸能関係者)

冒頭の焼き肉店に向かう途中でも、ふたりの関係性が垣間見える。しきりにマスクの上から右ほほを押さえて歩く椎名と、寄り添う原田。やや不自然な様子だが、ふたりは焼き肉店に着く前に大型スーパーへ立ち寄った。

「ふたりでマスクを選んでいたんですけど、レジに並んで会計を済ませたのは原田さんだけでした。椎名さんは外で悠々と待っていましたね。よく見たら椎名さんのマスクのひもがちぎれて、交換するために原田さんがひとりで購入したんだとわかりました」(居合わせた客)

原田の世話女房ぶりがよくわかる。8月下旬のある日、都内の高級スーパーでも、ふたりのこんな姿が目撃されている。

「店内に原田さんと椎名さんがいたんですが、一緒にいるんじゃなくて、離れた位置で別行動をしていたんです。それなのに、『お肉はどうしようか』と電話越しで相談していて。周囲にバレないように警戒していたのでしょうけど、怪しかったし、オーラでわかります(笑い)」(別の居合わせた客)

別の日も、ふたりは椎名の愛車で自宅へ帰っている。そう、交際から1年足らずで、ふたりはほぼ同棲状態にあるというのだ。

◆16年間の思い出と決別

ふたりの“愛の巣”は、椎名が前妻の山本との結婚時に購入した、都心の高級住宅地にある一戸建て。土地は約50坪で、地上2階地下2階の“3億円豪邸”だ。椎名は、この豪邸をリフォームしており、今年7月には工事が完了していたという。

「原田さんとの再婚に向け、 ケジメをつけたかったのかもしれない」

とは別の芸能関係者。

「16年間、山本さんと住んでいた家ですからね。椎名さんの子煩悩ぶりも有名で、2年前まで一緒に暮らしていた家族の記憶がしみついている。それを大幅にリフォームするということは、先のことを考えているからでしょう」

リフォームには、原田の要望も反映されているという。前出のふたりの共通の知人が語る。

「地上2階、地下2階という変わった造りなので、原田さんを迎えるにあたり、大規模なリフォームが必要だったのでしょう。彼女は“奇跡の50代”といわれるほど、美容法にもこだわりがある。自宅でエクササイズもしたいでしょうし、そうしたスペースも確保したのかもしれません。コロナ禍で、ステイホーム中の交際開始でしたからね。自宅での生活を充実させたいというのは共通の思いだったようです」

そしてもう1つ、ふたりの人生観を変える、あるきっかけが新生活に向けたリフォームにも影響を与えているようなのだ。

「3、4年前に互いの肉親を亡くしているんです。原田さんは長崎県、椎名さんは三重県と離れたところに実家がありますが、多忙の中、最期まで寄り添っていたと聞いています。年齢を重ね、自宅での生活に制限が出てくる親を間近で見てきたふたりだからこそ、老後も一緒に生活しやすい将来をイメージしたリフォームをしたのではないでしょうか」(前出・芸能関係者)

再婚は近そうだ。

※女性セブン2021年9月23日号

関連記事
  1. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  2. コロナ収束後、「ないままでいい」飲み会 3位「新年会」、2位「会社の定期飲み会」、1位は?
  3. たばこ値上げ、約61%が「禁煙しない」 決意する価格は?
  4. 高市氏の記者会見場で報道関係者怒鳴り声